最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

TMR・西川貴教、岸谷五朗の舞台でカッパに 「キュウリをたくさん食べて頑張る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 岸谷五朗と寺脇康文による演技ユニット・地球ゴージャスのプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』の製作発表会見が、5日都内で行われ、出演者の柚希礼音、西川貴教、新田真剣佑、宮澤佐江、花澤香菜、岸谷五朗、寺脇康文、水田航生、植原卓也が出席した。

【関連】地球ゴージャスプロデュース公演vol.15『ZEROTOPIA』製作発表フォトギャラリー

本作は「生」という普遍的なテーマを題材に、沈没した豪華客船から必然的に生き残った男女に待ち受ける運命と巨大な陰謀を描く。

寺脇曰く「台本? そういったものが存在するんですか? まだ見たことも聞いたこともない」という状況の中で、西川は「カッパ役の西川です」とウソかマコトか謎の役どころで自己紹介。「この度は流れ着いたカッパの役で、僕自身も役作りのために頭頂部の髪の毛を少なくしていきたい。ただアーティストとして活動することもあるので、手に水かきをつけたり、体を緑色に塗ったりするのは難しいと思うけれど、できるだけ与えられたカッパという役に近づけるように、魂を込めて命をかけてカッパを演じていきたい」と意気込んだ。

西川がカッパを演じるのは本当のようで、岸谷が「西川君、カッパというのは秘密なんだけど…」とネタバレを注意すると、西川は「え~! だって僕はカッパについてしか聞いてないんですけど」と驚き顔。それでも岸谷から「とにかく西川君はとんでもない役です。そしてあの体ですから。男の中の男を演じてほしい」とエールを送られ、「キュウリをたくさん食べて頑張ります」とやる気をみなぎらせていた。

地球ゴージャス初参加となる元宝塚星組トップスターの柚希は、岸谷から「エンターテイナーという言葉はこの人のためにある言葉。礼音ちゃんは正確な歌を確実に歌う人だし、メチャメチャ歌って踊った後に普通に喋ることができる」と身体能力を絶賛されると、「宝塚時代は息が乱れたら怒られますから」とニヤリ。罪を抱えたミステリアスな女という役に「出演できることが凄く楽しみ。勇ましく戦う感じの役なのかな?と想像していたら、その予想を五朗さんは見事に裏切ってくれた。どんな役になるのか楽しみ」と期待していた。

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』は、2018年4月9日~5月22日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演。ほかに愛知、新潟、福岡、広島、大阪でも上演される。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス