最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

エド・シーラン、ビヨンセとのデュエットの裏話を披露「今までずっと持ち続けてた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年12月1日に米ロサンゼルスで開催されたコンサート・イベント【iHeartRadio Jingle Ball】に出演したエド・シーランが、「パーフェクト」でビヨンセとのデュエットが実現した経緯についてエンターテイメント・トゥナイトに明かした。

彼によると、「パーフェクト」は元々アコースティック・ギターだけの曲だったらしいが、デュエットが決まりビヨンセが自分のパートをレコーディングした際、「あなたがどう思うか分からないけど、楽器を全部外させてもらってアコギだけにしたわ」と電話で連絡してきたそうだ。シーランは喜び、「あ、それ最高。元々そうだったから!」と伝えたと話している。

スタジオでは4時間程話し合ってからビヨンセがボーカルを録音したそうだが、「入って、ワンテイクで出てきた」と彼は明かしている。

実際のレコーディングはワンテイクで決めたビヨンセだが、作品の完成までは紆余曲折あったそうだ。二人の“パーフェクト”なデュエットは12月1日にリリースされたが、やりとりは5月から始まっていて「言うまでもないけど、彼女が双子を出産して(6月)、(曲が)完成したのが9月だったから、今までずっと持ち続けてたんだよ」と彼は説明している。

また、最初に連絡を取るのも難しく、「メールするんだけど、そのアドレスが毎週変わるんだ」となかなかメールがうまく届かなかったらしいが、一度繋がってからは電話でやりとりをしていたそうだ。


外部リンク(Billboard JAPAN)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス