最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

横浜国立大学の学食「第一食堂」に潜入! 期間限定韓国メニューも実食【全国学食MAP】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは! 都内を中心にさまざまな学食を巡っている早稲田大学学食研究会です。

最近インスタグラムではインスタ映えする投稿として、フォトジェニックはもちろんのこと、動画で撮影したいわゆるムービージェニックな料理の投稿がトレンドになりつつあります。その中でも人気なのがチーズダッカルビなど韓国料理。そんなインスタグラムでの人気の影響もあり、韓国料理が若者の間でトレンドになっていると言われることも。そんな韓国料理をテーマに、学食とコラボしたオリジナルメニューを販売するイベントが11/13-17の期間中、横浜国立大学、國學院大学、帝京大学で実施されました。

今回は横浜国立大学の学食「第一食堂」の通常メニューをレポートするとともに、本イベントと、イベントで販売されたオリジナルメニューを合わせて紹介していきたいと思います。

キャンパス&学食の外観


横浜国立大学常磐大キャンパスは、横浜市営地下鉄三ツ沢上町駅から徒歩20分ほどの場所に位置しています。



都会の横浜と言えど、キャンパス内は非常に広く、なんとバス停が4つもあるほど。



正門から入り、メインストリート沿いに歩くとすぐに今回お目当ての学食「第一食堂」があります。

学食の内観




学食に入って最初に目につくのは注文コーナーにある独特なフォントの看板。あぁ……レトロ感がたまりません。こういうレトロ感漂う食堂=うまいという法則は普遍的だと思います。



食堂内は明るい雰囲気。食事はもちろんのこと、空きコマの時間潰し、勉強などさまざまな利用目的で学生の憩いの場となっています。

「K-Food」レシピ 学食コラボイベントコーナも!




学食内には「K-Food」コラボイベント専用コーナーも設けられていました。本イベントはマイナビ学生の窓口と韓国農水産流通公社、東大料理愛好会がコラボしたもので「韓国料理」をコンセプトに「学食で食べてみたい!」と思うオリジナルメニューを東大料理愛好が考案。さらに栄養士による監修のもと、メニューを開発、学食で提供することで大学生の食生活を応援するとともに韓国食文化への理解のきっかけを作りたいとの想いで実施されました。


※2017年11月13日(月)~11月17日に実施されたイベントです。現在は既に販売を終了しています。

メニューについて




学食内に一歩立ち入った我々を待ち構えているのは豊富かつ多国籍な料理が並ぶディスプレイ。学食界のカオスがここ横浜国立大学にありました。
定番のカレーライス、豚骨ラーメンから始まり、天丼、回鍋肉、ロコモコ、そしてタイ風カレーに至るまで豊富なジャンルの料理が提供されており、昨今のグローバル、そしてダイバーシティ社会を感じさせます。



先ほどのレトロな看板の通り、豊富なジャンルの料理があり、ほとんどは日替わりです。例えば洋食ジャンルを例に挙げると、水曜日:ハンバーグ定食 木曜日:ビーフシチュー定食 金曜日:豚肉のチーズパン粉焼き定食……といったように、曜日によりメニューが毎日変わります。



価格もワンコイン以下と非常にリーズナブルな設定となっています。

横浜国立大学「第一食堂」のおすすめメニュー第1位
「天丼 (420円)」




自称日本一学食に精通している我々学食研究会でも、天丼はなかなか見かけたことがありません! そんなレアな天丼も、ここ第一食堂では数あるメニューの一つとしてさりげなく提供されています。

天ぷらの具材はえび、いか、カボチャ、オクラ。甘辛タレが染みた白米の上にドーーッンと鎮座しており、一つ一つの具材がとってもボリューミー! 箸を持った手が止まらない逸品です!
横浜国立大学「第一食堂」のおすすめメニュー第2位
「回鍋肉(450円)」



こちらも学食にありそうでなかなか見かけない回鍋肉定食。中華料理のなかでもラーメンはどこにでもありますが、例えば、餃子とか天津飯とかはないんですよね。そんな意味でレアな回鍋肉は味噌ベースにほんのりとした辛みが効いた味となっています。味噌と辛みが重なり合い、ご飯がよく進みます。肉や野菜もたっぷり入っており、その上、野菜のシャキシャキ感も楽しめます。おいしさ・ボリュームともに大満足の食べ応えのある回鍋肉定食おすすめです!
横浜国立大学「第一食堂」のおすすめメニュー第3位
「カツカレー(450円)」



まるで実家のカレーを思い出すようなテイストとなっているのがこちら横国のカツカレー。ご飯のボリューム満点、カツはサクサク、そしてその上にとろみ強めのルーがたっぷりとかけられています。特筆すべきは厚いカツ! ペラッペラではありません! しっかりと噛み応えがあり、そしてそのカツのジューシーさがカレールーと合わさって絶妙なハーモニーを奏でています。

日々や学食を巡っているとたまに出会うんです、あまりのおいしさに感動するカツに。そんな感動するカツのひとつが、ここ横浜国立大学のカツカレーには確かにありました!
横浜国立大学「第一食堂」のおすすめメニュー番外編
「韓国フェアメニュー(450円)」


※2017年11月13日(月)~11月17日に限定販売されたメニューです。現在は既に提供を終了しています。

先ほど紹介したK-Foodイベントのオリジナルメニューは「甘辛チャーハン、韓国餃子、ゆず茶マリネ、かきたまスープ」。これらがセットで450円となっています。



キムチ好きにもキムチ嫌いにもおすすめできるのが「甘辛チャーハン」! キムチの味わいはそのままで辛さや独特のクセがなく、だれにでも食べやすい味付けになっています。チャーハンはパラパラで挽き肉もたっぷり入っていて食べ応え抜群です!



韓国餃子とはなんぞや……と思っている中、でてきたのがこちらの揚げ餃子。日本の餃子と比べて、サイズはかなり大きめ。そしてニラがよく効いているのが特徴的なポイントです。

しっかりと揚げられた衣は噛み応えがある食感である一方、中身の具材はたっぷりと詰まっていて柔らかい食感。逆アルデンテのような餃子です。
餃子だけでもよし、ご飯と一緒に食べてもよしの絶品餃子でした!



こちらは付け合わせのゆず茶マリネ。「ゆず香る」とはまさにこのこと! 柚子のさっぱり爽やかな香りを感じます。一口入れると口の中はもはやTHE YUZU WORLD. 旬のゆずとおいしさをたっぷりと感じられます。マリネされた具材もシャキシャキで食感もGOOD。取材班は病みつきになってしまい、箸が止まりません。

お口直しや小鉢と表現してしまうには惜しい、いくらでも食べたくなるマリネです!

総合評価

おいしさ:★★★☆☆
メニューの豊富さ:★★★☆☆
オリジナリティ:★★★★★
おしゃれさ:★★★☆☆
コスパの良さ:★★★☆☆
ボリューム:★★★★☆



ひと昔前はタニタ食堂などの社食がブームになりました。そして近年トレンドは学食に移り変わり、外部企業と連携する動きも活発化しつつあります。例えば、TVや雑誌に学食が取り上げられたり、有名企業が学食をプロデュースしたり、そして今回のようなさまざまな団体が関わったフェアが実施されたりと学食界隈は非常に盛り上がっています。特に今回の韓国フェアは帝京大学、國學院大學、横浜国立大学で実施され、大きな反響を呼びました。今後ともさまざまな学食イベントが開催され、学食のよさが世間に広まれば……と、学食研究会の一員として切に願っています。

文・写真:早稲田大学公認サークル 学食研究会 木寅皓介
1999年創立の日本最古の学食研究サークル。男女問わずインカレで現在約60名のメンバーが在籍し、都内を中心にさまざまな大学の学食を巡っています。


外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス