最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ライセンス藤原、娘をおんぶして大量にサインを書く日々 「無理しないで」とファン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑いコンビ・ライセンスの藤原一裕が今年5月に生まれた娘を背負い、積み上げられた大量の本を前にしで格闘している。自身初の小説『遺産ゲーム』の到着を楽しみに待っているファンのために、せっせとサインをしているのだ。

9月15日に発売された藤原一裕の処女作『遺産ゲーム』は、原と英次というチンピラ兄弟を中心にした7編の連作短編集だ。2014年頃からスマホのメモ機能を使って書き始め、藤原自身で出版社に持ち込み発売までこぎつけたという。書店のサイン会に来られないファンのために、彼は自主通販ショップで直筆サイン本を販売している。こちらのサイン本は一度に大量の注文は受けられないが「買えなかった方々、大丈夫です。届くまでやります」と希望者がいる限り対応したいとしている。

4日の『藤原一裕 LICENSE fjwrkzhr Instagram』では、「子供おんぶしながら大量のサイン書く日々が来るとは」「デビューした19の頃には想像もしていなかった」と機嫌が悪い娘をベビーキャリアでおんぶしながら椅子に腰掛け、作業している姿が公開された。机の上には大量の本が積み上げられていて、サインを書き終えるまで相当な時間がかかりそうだ。

この光景にフォロワーからは「腰にきますから気をつけてくださいね」「ファンにとってはありがたいことですが、くれぐれも無理しないでください」「私も早くサイン本GETしたいです!」「写真だけ見ると“生活苦しくて内職頑張る父さん”ですね」と労いの言葉が寄せられている。

画像は『藤原一裕 LICENSE 2017年12月4日付Instagram「子供おんぶしながら大量のサイン書く日々が来るとはデビューした19の頃には想像もしていなかったです。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス