最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ソニー「nasne」をテレビマニアが愛用する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HDDレコーダーといえば、ネットワーク機能・マルチチューナー・拡張性など、さまざまな特長を打ち出して各メーカーがしのぎを削っています。そんな中で、発売から5年が経つにも関わらず、コアなマニアの間で高い評価を受け続けているのが、ソニーの「nasne」です。マニアが愛用する理由を見ていきましょう。

ソニー「nasne」をテレビマニアが愛用する理由

nasneの売りはリモート視聴機能


nasneは、NASにテレビの録画機能を搭載した「HDDレコーダー機能付ネットワークストレージ」。一般的な家電のHDDレコーダーとは異なり、HDMIでテレビに接続するわけではなく、ネットワーク上のPS3・PS4・PC・スマホから視聴します。

遠隔視聴などのネットワーク機能が優秀な上、nasne本体、外付けHDDを追加することでチューナーやHDD容量の増設も可能。さらに、設定も超簡単で価格が2万円台となれば、いまだに“HDDレコーダーの決定版”とされる理由も分かるはずです。

現在もアップデートにより機能が更新されており、最新HDDレコーダーにも引けを取らない性能を誇ります。そんなnasneの魅力は、どこにいても自宅と同じテレビ環境を実現できることです。

nasneの最大の売りは、リモート視聴機能です。登録したスマホやタブレットであれば、外出先からnasneに録画した番組はもちろん、現在放送中の番組もリアルタイムで視聴できます。

nasneでスマホから予約録画する


つまりネットワーク環境さえあれば、たとえ地方や海外にいたとしても自宅と同じ環境でテレビを楽しむことが可能なのです。例えば東京の自宅にnasneを設置し、スマホを登録しておけば、大阪出張の際も関東地域の番組を視聴できます。

nasneのもう1つの特長は、視聴だけでなく予約録画もできる点。外出先で「楽しみにしていたあの番組を録り忘れた…」という時でも、スマホから予約録画が可能です。番組表からの録画や番組のキーワード検索にも対応しています。

もちろん、番組をリアルタイムで視聴しながらの録画にも対応。録画中の番組は追っかけ再生もできるので、テレビを見る時間や場所を選びません。ただし、リモート視聴の端末登録期間は90日。3か月に1度は登録を更新する必要があります。

nasneのチューナーは地デジ×1、BS/110度CS×1、入出力端子はLAN端子、アンテナ入力端子、アンテナ出力端子、USB端子(外付けHDD用)、内蔵HDDは1TBです。サイズは43W×136H×189Dmm/約460g。実勢価格は23,760円です。(文/pusai)

外部リンク(ラジオライフ.com)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス