最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジェイテクト 自動運転関連技術の本格開発 リチウムイオン・キャパシター、パワースーツなど新規分野も拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月27日、電動パワーステアリングやベアリング、工作機械を製造するジェイテクトが、メディア向けの事業説明会を開催した。その中で、今後の電動パワーステアリングの展開や自動運転、EV化時代に向けての開発、そして新規分野への意欲的な挑戦は興味深いものだった。

■■生産拡大を目指すラック・パラレル式電動パワーステアリングジェイテクトは、電動パワーステアリングを世界で初めて実現した歴史を持ち、現在では世界ナンバーワンのシェアを獲得している。従ってワールドワイドに製造工場を展開しているが、大型乗用車、SUV向けのラック・パラレル(ベルトドライブ)式の電動パワーステアリングでは最後発なのである。

その理由は、同社は大型乗用車向けにラック同軸式の電動パワーステアリングをラインアップしていたために、ラック・パラレル式では出遅れたのだ。だが、2016年にレクサスLC用、2017年にはカムリ用を出荷し、ようやくラック・パラレル式電動パワーステアリングの市場に参入した。

従来のラック同軸式の電動パワーステアリングはラック軸が太くなるため、多車種への展開が難しかったが、モーターをラック軸と並行に置くラック・パラレル式はモーター位置を変えることができ、多車種に転換が可能になる特徴がある。

このラック・パラレル式は日本(花園工場)に加え、アメリカ・テネシー工場でも生産が開始されている。さらに2019年初頭には中国・天津工場でも生産を開始する計画で、この3工場を稼働させることで2020年には年産250万基の生産を目指し、世界各地の自動車メーカーに供給することにしている。

このラック・パラレル式電動パワーステアリングは、後発だったため先行した他社製品をベンチマークとして開発され、これら先発製品を超える低摩擦、高精度のステアリングシステムになっている。今後の高度運転支援システムや自動運転のためには、大きなステアリング負荷に耐えることができる、このラック・パラレル式の重要度はより高くなると予想されている。

■■高度運転支援システム、自動運転時代に向けてジェイテクトは、今後の自動運転に対応したステアリングシステムの開発にも着手している。レベル3の自動運転で求められる、ドライバーが自らの意志でステアリングを操作しているかを判定する技術として、自動運転から手動運転へのシームレスな移行、そして路面の変化やクルマの姿勢の変化があっても正確に応答する高精度な舵角制御技術、路面からの負荷を正確に判定する技術などが今後の開発の課題となっている。

また大型車、バスなどでは、大トルクが必要なので今後も油圧パワーステアリングが主流と想定されるが、これら大型車用の高度運転支援システムや自動運転化を実現するために、コラム部に同軸アクチュエーターを配置したタイプを開発している。このアクチュエーターはドライバー、あるいは自動運転制御によるステアリングの操作に応じて油圧パワーステアリングを作動させる役割を果たすシステムだ。

こうした高度運転支援システム、自動運転化に伴いステアリング制御には、より高度な制御が求められるが、ジェイテクトは2017年11月に「IT開発センター秋田」を開設している。ここではより高度な運転支援システムや自動運転に向けたステアリング制御関連のソフトウェア技術の開発を行なうことになる。

■■リヤアクスル用モーターの開発ジェイテクトの前身は、豊田工機でオンデマンド4WD用電子制御カップリング(ITCC)を開発し、現在は日本はもとより、グローバルでも高いシェアを持っている。だが今後はクルマの電動化に合わせてオンデマンド式の電動リヤアクスル(E-AWD)の急激な増大が想定されているという。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス