最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

15年前に「中絶したと思った」胎児が石灰化 52歳女性が摘出手術(印)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中絶したと思っていた胎児が、母親の体内で石灰化したまま15年も留まっていたという話題がインドから届いた。命が消えてからも居続けた胎児は今回ようやく摘出されたという。英メディア『The Sun』などが伝えている。

マハラシュトラ州ナーグプルに住む52歳の女性が、腹部に痛みを伴い吐き気を感じるようになったため病院を訪れた。すると女性の腹部に腫瘍のようなものが確認され、さらに詳しい検査が行われた。

この時に対応したのが、女性が5年前に閉経したことを心配して診察を受けた時からお世話になっている「ジュナンカー外科看護ホーム」のナイルシュ・ジュナンカー医師(Dr Nilesh Junankar)だった。ジュナンカー医師は「CTスキャンでは下腹部に石のような塊の腫瘍が確認され、その近くで腸管の狭窄が認められました」と話している。

そして腹腔鏡検査を行ったところ、誰もが驚くような事実が判明した。女性の腹部には4か月程度まで育ったとみられる胎児が石灰化して残っていたのだ。実はこの女性、15年前に妊娠していたが家族の同意が得られなかったために中絶したという過去がある。

しかし中絶したと思われた胎児は石灰化し、母親の体内に残り続けていた。15年も腹部に放置された胎児は、異物となって母親の腸を圧迫し腹部の痛みを引き起こしていたのだ。その後、先月23日にジュナンカー医師らによって2時間かけて石灰化した胎児が摘出された。

このように母親の体内で石灰化した胎児のことを医学用語で「石胎(石児)」と呼ぶが、非常に珍しい事例で『The Sun』によると過去400年の間に世界で300件程度しか報告されていないという。

ジュナンカー医師の話では、「子宮外妊娠でも稀な“腹腔妊娠”が起きる可能性は11,000件のうち1件ほどで、うち1.5%から1.8%が石胎なる」ということだ。そして今回の摘出手術に関して「彼女の体内から石胎を摘出しただけでなく4フィート(約122センチ)の腸を切除しました」と話している。

変わり果てた我が子との対面を果たした女性だが、長年悩まされて来た腹部の痛みから解放され感謝しながら病院を退院していったとのことだ。

なお同様の事例は、2013年に南米コロンビアでも起きていた。82歳の女性の腹部に40年前に妊娠した胎児が石胎となっていたことから摘出手術を受けたという。

画像は『The Sun 2017年11月30日付「BABY SHOCK Doctors discover four-month-old ‘stone baby’ inside woman who thought she aborted 15 YEARS ago」(IMAGE: COVER ASIA PRESS / DR NILESH JUNANKAR)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス