最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

無印良品やイケアを活用。インテリアをグレードアップさせるアイデアまとめ|マイ定番スタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像
イケア、無印良品など安価でありながらも高品質な商品をオリジナルのスタイルで住空間に取り入れるコツを紹介しているROOMIEの連載「マイ定番スタイル」。ちょっとした使い方の工夫で生活が少し楽しくなるアイデアが多く、わが家に取り入れた事例も掲載されている。

今回は、今年も残りわずかとなり大掃除をするついでに心機一転、インテリアを見直そうと思っている私が、ちょっとした工夫でインテリアをグレードアップさせるアイデアをピックアップしてみた。

無印良品

img src="https://assets.media-platform.com/roomie/dist/images/2017/12/160503roomie_tray21.jpg" alt="無印の「木製トレー」でコーヒーまわりをスマートに" width="830" height="562" class="alignnone size-full wp-image-408311" /

無印良品の「a href="https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761010502" target="_blank"木製トレータモ/a」を、コーヒー器具専用トレーに活用。コーヒーを淹れるとき、どうしても豆の粉がこぼれるが、トレーの上で作業すればテーブルが散らからないし、ゴミが捨てやすくて便利。新年は素敵なコーヒーライフを。

h3a href="https://www.roomie.jp/2016/05/333653/"target="_blank""/>無印の「白磁トレー」で洗面まわりをスッキリ見せる

無印の「白磁トレー」で洗面まわりをスッキリ見せる

歯ブラシ、歯磨き粉、ハンドソープなどが雑然とした印象を与える洗面所まわりは、無印良品の「白磁トレー」「歯ブラシスタンド」を使ってスッキリと! 置き場所(定位置)を決め、バラバラにならないように工夫すれば、家族みんなが使いやすい。

IKEA

IKEAの「ペンダントランプシェード」で、家がモダンに

IKEAの「ペンダントランプシェード」で、家がモダンに

IKEAの「JOXTORP ペンダントランプシェード」はダンボール製の組み立て式で、存在感があるランプシェード。古民家にも、北欧スタイルの家とも実は相性がよく、主張がありながらも、空間に驚くほどマッチする。照明ひとつで住空間をさらに居心地よくする、そんなアイテム。

IKEAの「キッチンワゴン」を趣味用のサイドデスクに活用

IKEAの「キッチンワゴン」を趣味用のサイドデスクに活用

趣味のフィルムカメラの収納に、IKEAの「キッチンワゴン」を活用したアイデア。ステンレスにステッカーを貼ってちょっと使い込んだ感じを出すなど、オリジナリティを演出できそうだ。キャスターが付いているため移動もしやすい。

IKEAの「ALEX 引き出しユニット」で学習机をつくる

IKEAの「ALEX 引き出しユニット」で学習机をつくる
IKEAの「ALEX 引き出しユニット」で学習机をつくると便利

IKEAの「ALEX(引き出しユニット)」と、ネット注文した好みのサイズの天板を組み合わせれば、あっという間に学習机が完成。限られたスペースを有効活用できるサイズを模索し、ぴったり合ったものを手に入れられるのがポイント。天板には好きな位置に穴を開けてコード類が出るように工夫したり、塗装してDIYしてもいいかも。

カインズホーム、フライングタイガー
カインズで見つけた小さなペンキで、家具や壁の補修を

カインズで見つけた小さなペンキで、家具や壁の補修を
カインズで見つけた小さなペンキで、家具や壁の補修したり、DIYを

ホームセンター・カインズの「ホワイティカラーズ ミニ」は、小さなボトルのペンキ見本。税込100円とやすく、内容量は15gのため家具の修復にちょっと試したい大きさだ。必要な材料を揃えればDIYで鉢カバーも作れる。沢山ある色の中から家具に合う色、好きな色を選んで塗装するだけで気分が変わりそうだ。

フライングタイガーのフック付きボックスが、玄関の小物置き場に

フライングタイガーのフック付きボックスが、玄関の小物置き場に

ポケット内の小物を、帰宅後にサッと置ける場所。家の中に確保してあるとちょっと便利かもしれない。ごちゃごちゃと置いていると見栄えも悪いし、いざ外出する時に鍵が見つからないこともある。フライングタイガーのフックと扉が付いたスチール製ボックスは、8個のフック付きで、鍵や時計、イヤホンをかけることができる。ボックスの底のスペースには眼鏡やリップといった小物も置けるし、部屋の調和を乱さないマットブラックがインテリアとしても楽しめる。

既存のものをそのまま使うのもよいし、ちょっとした工夫を加えて自分らしさを出してもよい。新年はグレードアップした住空間で迎えてほしい。

その他の「マイ定番スタイル」はこちら!

外部リンク(roomie)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス