最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

犬4頭に襲われ2名が死傷 近隣住民は1年前から不安を口に(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
深い緑に囲まれた自然豊かな集落のはずれにトレーラーハウスを構えて暮らしていた被害者の女性。獣害や防犯を兼ねて犬を多頭飼いしていたのであろうか。4頭もの飼い犬に襲われて死亡し、その友人も重傷を負うという恐ろしい事件が起きてしまった。米アラバマ州のメディア『WAFF-TV』が伝えている。

犬に襲われて成人女性2名が死傷する事件が起きたのは、アラバマ州北部に位置するマーシャル郡のガンターズヴィルで先月29日午前8時すぎのこと。警察は犬の飼い主であるトレイシー・パターソン・コーネリウスさん(46)が死亡し、友人女性のヴァレリア・ヒノホサさんが重傷を負って治療を受けたことを発表した。現場は州道79号線に交差するジェイソン・ロードの小さな集落のはずれで、マーシャル郡動物管理局(Marshall County Animal Control)の職員が捕獲を試みたものの1頭だけ取り逃がしてしまったもよう。その犬は白が混じった雑種だとしている。

重傷を負ったヒノホサさんの甥にあたるハーナン・トレスさんは『WAFF-TV』の取材に、「おばはいきなり襲われたようです。多くの人がその通りを歩いていますが、下手に近付こうものなら犬たちは追いかけてきますよ」と普段の犬の状況についても話している。また近隣住民も、「犬たちは亡くなったトレイシーさんの隣にずっと佇んでいましたが、通行人にとっては少なくとも去年あたりから怖いと感じる存在でした」と語っている。

近隣住民が多頭飼いの犬に襲われて死傷する事件が絶えないアメリカ。飼い主の言い訳は「治安が悪いから防犯のため」「とても賢いから大丈夫だと思った」「猛犬を刺激する方が悪い」の3点とほぼ決まっている。吠える声が大きいこともあり不安を訴える近隣住民とトラブルになっているケースも少なくない。

画像は『WAFF-TV 2017年11月29日付「4 dogs kill Guntersville woman, seriously injure another」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス