最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スバル 3列シートの新型SUV「アセント」をロサンゼルスで世界初公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月29日、スバルはロサンゼルスでアメリカ市場専用に開発したニューブランドの新型車「アセント」を世界初公開した。

アセントは、アメリカ市場での更なる成長を目指し、ファミリーユーザーに向けて新規開発した3列シートのミッドサイズSUVだ。アメリカではスバルに対し、より大きなファミリーユースのクルマが求められていた背景がある。

2005年から2014年には、スバルは北米専用モデルとして「トライベッカ」を販売していた。2列シート、3列シートの2仕様があり、3.0Lの水平対向6気筒のEZ30型エンジンを、後期モデルではより出力を高めた3.6LのEZ36型を搭載し、フルタイムAWDを採用していた。

このトライベッカは、ミニバン的な要素とクロスオーバーSUVの両立を目指して開発された。デザインはアンドレアス・ザパティナス氏が担当したが、アメリカ市場では不評で、大幅に手直ししたというデザイン的な混乱と、自然吸気6気筒エンジンの低速トルク不足という評価により苦戦し、2014年にフェードアウトしている。

■■ミッドサイズ&Dセグメントのアセント新型アセントはこうしたトライベッカの失敗を学び、新規開発したモデルだ。サイズは、全長4998mm、全幅1930mm、全高1819mm、ホイールベース2890mmという、アメリカ市場でのミッドサイズSUVで、ヨーロッパではDセグメントに位置する。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス