最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

キャリア約30年で、新たに2人して“恐妻家”キャラを全面に押し出したFUJIWARAの「ベテランらしからぬチャレンジ精神」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


芸能界にオシドリ夫婦は数多いが、その中の一組に挙げられるのはFUJIWARA・藤本敏史&木下優樹菜夫婦である。2人の年齢差は17歳だが、主導権を握っているのは、どうやら年下の木下のよう。元ヤンの迫力で嫁が夫を尻に敷き、嫁の迫力に夫がタジタジとなる……というのが、この夫婦のパブリックイメージだ。

11月23日放送『ニンゲン観察!モニタリング★いい夫婦の日SP』(TBS系)では、木下が仕掛け人となり、夫・藤本をターゲットにあるモニタリング(どっきり)が行われた。その内容は「突然、ユッキーナが『小遣い月1万5,000円』を提案したら夫・フジモンは……」というもの。

ちなみに、2017年における日本のサラリーマンのお小遣い平均額は3万7,428円(出典:新生銀行)だそう。バラエティ番組での需要も多く、一線で活躍する芸能人のお小遣い額として、月1万5,000円はあり得なさすぎる。だからこそ、彼はどういう反応を見せるのか? をモニタリングするというわけだ。

ここで、藤本は意外な反応を見せた。もともと財布に関しては夫婦別々にしているという2人だが、木下から「お金を管理したい」と提案された藤本は「別にいいよ」と快諾する。しかし「1万5,000円でいいでしょ?」と額を聞かされた途端、さすがに「安すぎるわ!」と抵抗する藤本。

ここからの2人、ガチのテンションで普段からの不満をぶつけ合ってしまうのだ。結果、木下から「同じような白い靴ばかり買う」「買ってきたジャンプはためずに捨てろ」「ポケットの中にフリスクを入れたまま洗濯に出すな」と詰められ続けた藤本は、ついに「わかったわかった。やるよ、もうじゃあ!」と1万5,000円ルールを受け入れてしまった。

ネタバラシされた後、藤本は「受け入れな終わらへんやん!」とこぼしていたが、木下の意見が優先されるという関係性が、この2人の間では貫かれているようだ。イメージ通りであった。

おぎやはぎ“ダブルメガネ”ならぬ、FUJIWARAの“ダブル恐妻家”

藤本だけではない。“恐妻家”藤本に対し“愛妻家”を自称していた相方の原西孝幸も、実は嫁に弱い。

11月25日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)にFUJIWARAは出演。この日、番組内で話題になったのは原西のお小遣い額であった。なんと、彼が月に受け取っているお小遣いは5万円だそうだ。
 よしもと芸人といえば、集団で食事やレジャーを楽しんだ場合、先輩が支払いを担当するのが暗黙のルール。そう考えると、とても5万円ではやり繰りできない。

結果、この境遇で生活する原西は“ケチ芸人”という新たなキャラを発信することになる。相方の藤本や後輩のキングコング・梶原雄太らが、原西による数々のケチエピソードを明かした。

「同じTシャツを10年くらい着てて、洗いすぎて擦り切れてガーゼみたいになってるんですよ」(藤本)

「ゴルフに連れて行ってもらうんですけど、小遣い制だから一打一打に『優勝かかってるんじゃないか?』ってくらい時間かけるんです。林に球がいったら2時間くらい探しに行くし」(平成ノブシコブシ・吉村崇)

「東野(幸治)さん、蛍原(徹)さん、原西さん、(博多)華丸さん、陣内(智則)さんたちとゴルフ旅行へ行く際、タクシーで移動するんです。タクシー代は5,000円くらいかかるんですが、暗黙の了解で先輩が払う。だいたい3台で行くんですけど、原西さんは払いたくないから、ムカデ競争のようにタクシー乗り場まで蛍原さんに付いていくんです」(梶原)

“ケチ芸人”原西のエピソードは、他番組でも発信された。11月25日放送『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)にFUJIWARAは出演、相方だけでなくナインティナイン・矢部浩之や加藤浩次らにもイジられている。

藤本 おまえ、DSのソフト売りに行くのやめや!

原西 おまえ、言うなや。家族は知らんのやから言うなや!

加藤 子どものやつ?

原西 言うたらあかんねん!

矢部 子どものやつ、勝手に売ってんの!?

原西 やってないねんからええやんか!

また、キンコン梶原は原西の子どもがインフルエンザになった際のエピソードを明かした。

梶原 お子さんがインフルエンザにかかった時があるんですよ。移ったら仕事に支障きたすから、普通ならホテルに行くじゃないですか? じゃなくて、大西ライオンの家に3日間寝泊まりした挙句、帰り際に3,000円置いて帰ったんですよ。

原西 民泊が流行ってるから!

藤本 1泊1,000円の民泊なんかあるか!

とはいえ、彼はお小遣い制に納得しているわけではない模様。『さんまのお笑い向上委員会』にて、原西は嫁に交渉した過去を告白する。

「一回だけ、『これは俺が稼いでる金やから、小遣い制っておかしないか?』って言いました。『俺が好きなだけ来月は使うぞ!』って、頑張って使いました。結果、4万8,000円でした。もう、あんま使えないんですよ、俺。体が震えて万札を使えない!」(原西)

どうやら、藤本だけでなく原西も嫁のコントロール下に置かれているよう。FUJIWARAは、2人が“恐妻家キャラ”をアピールする珍しいコンビだ。

“ダブルメガネ”という特徴を押し出したおぎやはぎは新しかったが、スピリッツの部分でキャラがかぶるお笑いコンビも新しい。

よしもとの公式プロフィールを調べてみると、FUJIWARAは1989年4月結成と記載されている。キャリア30年に届こうかとするベテランコンビが新たなキャラクターを手にするとは、なんとも意欲的ではないか。
(文=寺西ジャジューカ)

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス