最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【わたしのねがいごと。 インタビュー】女の子に聴いてほしい気持ちが強く出た一枚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独自の感性から放たれる、ゆるふわだけど芯のある作品になったミニアルバム『きこえる』。わたしのねがいごと。らしさであるやさしさとハーモニーはそのままに、意識的に楽曲の作り方を変えたり、今まで使っていなかった楽器を使用した意欲作となっている。

──独特なメロディーと歌い方で、単なるポップさとは違う包み込まれるような感覚とか、不思議な浮遊感もあって。独特の音楽性ですね。

ろみ
「曲を聴いた方からはよく“癒やし系”と言っていただくのですが、特に自分たちとしては癒やしているつもりはなくて。作るのも歌うのも直感でやることが多いですね。いろんな曲を聴いて自分がキュンときた部分を意識して覚えておくんですけど、鼻歌を歌いながら頭の中で完成させて、どういう歌い方をするかはその場の直感です。」

──そもそも“わたしのねがいごと。”という名前の由来は?

ひかる
「私とろみのふたりが好きな言葉で付けました。」

ろみ
「歌詞でひらがなを多く使っているし、ひらがなのやさしい感じがよくて。でも、“。”がいつ付いたのかは覚えてない。」

ちほこ
「今では“。”が付いてないと違和感があるよね。」

──でも、こういう名前だと“みなさんの願いごとは何ですか?”ってインタビューで必ず訊かれますよね。

ちほこ
「100パーセント訊かれます(笑)。」

ひかる
「メジャーデビューと野外フェス出演です!」

ろみ
「ずっとこのメンバーで良いと思う音楽をやりたい。」

ちほこ
「私もずっとみんなとやっていきたいです。個人的な願いは…みんなは、個人的な願いごとを言った?」

ろみ
「言ってない。」

ひかる
「次回、答えられるように考えておきます(笑)。」

──そんなみなさんのミニアルバム『きこえる』ですが、リード曲の「きこえる?」はシンセやビートが効いていて。

ろみ
「今回の作品からちょっと意識的に変えているところがあるんですよ。以前はバラード系が多くて、曲のイメージも夜っぽいものが多かったんです。それにひとつの作品に収録する曲のイメージも…例えば青一色とかで作っていました。でも、今作はたくさんの色があるものにしたいと思って、曲調もそうだし、今まで使っていなかった楽器も使っています。」

ひかる
「例えばギターも前はアコギだけだったんですけど、「きこえる?」ではエレキを使っていますね。」

ちほこ
「あと、前はピアノだったんですけど、今回はシンセも使っていて、おもちゃみたいな音とかも出てきます。聴いて“楽しい”と思ってもらえる音になったと思うし、ライヴでも楽しんでもらえそうですね。」

──ミニアルバム自体のタイトルも“きこえる”にしたのには、何か理由があったのですか?

ろみ
「「きこえる?」を作詞作曲してくれたLunaccoに、どうしてこういう曲を書いたのかを訊いたら、わたしのねがいごと。のこれからと今までやってきたことは、いろんな人がちゃんと見ているし、聴こえているよという気持ちを込めたと話してくれて。今作は今までとは違う曲をたくさん収録していますが、だからと言って先のことばかり見ているわけではなくて、今まで応援してくれている人たちのことにも目を向けています。そういう意味も込められると思って。」

──みんなの声も“きこえてるよ”と。

ひかる
「曲名は疑問系ですけど、お客さんがそんなふうに自由に想像してほしくて、ミニアルバムのタイトルでは“?”を取りました。」

──ろみさんが作詞作曲した「終電間際」は、またちょっと違ったテイストですね。特に《終電間際、恋の瀬戸際》というフレーズが絶妙だと思いました。

ろみ
「ちょっと歌謡曲っぽいって言われます。」

ひかる
「昭和っぽくて、それがいいです。」

──歌詞の内容はケータイ小説に出てきそう。

ちほこ
「女の子は好きそう。」

ひかる
「刺さる人にはすごく刺さると思います。」

ろみ
「女の子に聴いてほしい気持ちが強く出た一枚で、歌詞の世界観も少し意識してシフトしています。「終電間際」は女の子が主人公で、片想いの人と飲みに行けるくらいの仲までになったけど、相手は終電で帰ってしまおうとする。相手はこっちの気持ちにも気付いてて、それでイライラするんだけど、それでも好きってくらい思っている女の子の歌です。」

──何でそういう曲を思い付いたんですか?

ろみ
「“終電間際、恋の瀬戸際”という言葉が浮かんで、それでそのまま一気にガーッと。だから、経験談から書いたというわけではないんですよ。残念ながら(笑)。ある?」

ちほこ
「ないない!」

ひかる
「ないけど、これから(笑)。」

ろみ
「期待してるんだ!(笑)」

──また、「あおいうた」はちょっと夜っぽくて。

ろみ
「「終電間際」はカッと高い声で歌っていますが、これはふわっとした雰囲気を意識して歌っていますね。」

ひかる
「今までの、わたねが。(バンドの略称)のイメージに一番近い曲です。」

──跳ねたリズム感の「ダンス」は、ライヴで楽しそう。

ろみ
「南の島で雲ひとつない夜空のもと、トーチが灯っているようなイメージで作りました。バリっていうか(笑)。」

ひかる
「コーラスで《ダンス ダンス ダンス》と、ちほことふたりで歌って、ろみの主メロとかけ合いになるんですけど、ライヴではお客さんにも一緒に歌ってもらっています。」

ちほこ
「みんなで盛り上がれる曲で演奏も楽しいです。」

──今後、ライヴはどんな感じで?

ろみ
「以前はアコースティックと歌だったけど、今はサポートでドラムとベースを加えたバンドスタイルのライヴをやっているので、前よりもバンド感とかライヴ感がくっきりと出せていると思いますね。一本一本気合いも入っているし、リハでもお互い気を使わずバンバン意見を言い合うこともやっていて。だから、リハは結構熱いんですよ。ふわっとして見られがちですけど、3人とも実は超頑固者です!(笑)」

取材:榑林史章

ミニアルバム『きこえる』

2017年12月6日発売
ZEN MUSIC

\nPROJ-1019
¥1,800

わたしのねがいごと。

わたしのねがいごと。:ろみが大学の軽音楽部で仲の良かったひかるを誘って2014年に結成。結成後はふたりでライヴを中心に活動を行なうが、就職活動を理由にライヴ活動を休止。翌15年に同じ軽音楽部だったちほこを加えて活動を再開。同年10月に初の自主制作盤『わたしのねがいごと。黒盤』を、17年3月には初の全国流通盤『あめつぶ』を発売。さまざまなイベントに出演するなど精力的に活動の幅を広げている。

■「きこえる?」MV

\nhttps://www.youtube.com/watch?v=Zf0fdJosUqk


外部リンク(OKMusic)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス