最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

指原莉乃「嫌いだな…」女性参加者の発言にポツリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年春よりAmazonプライム・ビデオで配信される「バチェラー・ジャパン シーズン2」の女性参加者発表イベントが都内で行われ、シーズン1から引き続き出演する今田耕司と、シーズン2より新たに「トークセッション」への出演が決定した藤森慎吾、指原莉乃、さらに“新バチェラー”の小柳津林太郎(おやいづ りんたろう)氏が登壇した。

今田は「ついに、この“バチェラー”のシーズン2が、『1が終わった時にぜひ2を』と思っていたら、ついに実現しましたので、今回も楽しみです。内容がハードになってますから。他の恋愛番組とは一線を画す、えげつない番組となってます」。

藤森は「僕も1から大ファンでとりこになってしまいまして。この2を心待ちにしていたんですけど、他のどの恋愛リアリティー番組にない壮絶なバトル、ドロドロな感じ、それから素晴らしいデートプランいろんなものが出てきますので、楽しみに見ていただきたいなと思います」。

指原は「1の時から本当に大大大大ファンで、一気に見ちゃったくらい大好きな番組なので、こうやって関わることができてとてもうれしいです。2もとっても楽しみです」とそれぞれ番組のファンであることに触れあいさつした。

そして会見には“新バチェラー”の小柳津氏も合流した。小柳津氏は「シーズン1は本当に豪華で、25人の女性が一人の男性を囲むなんてことはなかなかないなと思って。まさか自分が出ることになるとは思ってなかったので、本当に光栄です」とあいさつをした。

小柳津氏は、1981年京都府生まれ。6歳から14歳までニューヨークで過ごし、その後慶応大学経済学部を卒業。現在はIT企業にてエンターテイメント事業の本部長を務める。

今田からは「男性も大変ですよ」、指原からは「1も見てたのに、よく応募しようと思いましたね? 面白いけど、男性は苦しいじゃないですか!」と率直な意見も飛び出した。

小柳津氏は「2カ月半、会社を休んで…きょうから復帰する予定なんですけど…」と内情を告白。ただ、これから番組が配信されるということもあり、この日は“顔見せ”程度に留まった。

そんな中、会見場には今回参加した20人の女性の中から3人のインタビュー映像が流れた。

最初の女性の紹介VTRではルックス、発言、雰囲気など全てを絶賛する男性陣に対し、指原は一言「嫌いだな…違います違います! 嫌いな人が残らないと盛り上がらないじゃないですか! なんで嫌いかというと、『私空気読み過ぎちゃうから』っていう発言が…最後まで残ってほしい感じの人だなと(笑)」と女性目線でバッサリ斬り捨てた。

そして最後に今田は「全てにおいて1よりスケールアップしておりますので。バチェラーというのは結婚相手を探す…人生最大の決断をこの番組でしようと皆さん来ているので、その分女性たちも真剣です。

テレビとして、番組として、すごい映像の数々、地上波では見られないスケールの大きな映像が見られると思いますのでぜひ楽しんでいただきたいと。すべてのエンターテインメントがギュッと詰まってリアルなドキュメントでもあります。ぜひ見ていただきたいと思います」とアピールし、会見を締めくくった。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129723/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス