最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

極道出身の作家が明かす地元・尼崎でのヤクザ人生16年「苦しいことの連続だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


山口組系組織から作家に転身。以降、精力的に執筆活動を続けてきた沖田臥竜氏は活躍の場を広げ、暴力団関連のニュース記事でその名を目にする機会も増えてきた。そんな沖田氏の兄弟分である“生野が生んだスーパースター・文政”を題材にした単行本は`16年秋に出版されたが、そのスピンオフ作品と位置づけられる著書『尼崎の一番星たち』をこの度、上梓。尼崎という関西でも特有のクセを持つ街と、そこで暮らす破天荒な男たちの生きざまを描いている。著者が生まれ育ち、ヤクザとして過ごした尼崎について、1時間にわたり話を聞いた。

――「尼崎」というと、正直ちょっと怖いというイメージを持ってしまいます。最近では山口組から再分裂した任侠団体山口組も本部を構えていますし……実際、どうなんでしょうか?

沖田:そら昔はね、すごかったですよ。阪神尼崎駅に有名な飲み屋街があるのですが、普通にヤクザが肩で風切って歩いていたし、柄が悪いと評判の団地に友人が自転車を盗みにいったら、住人が上から包丁を落としてきたなんてこともあった。平成元年くらいの話ですね。それが阪神大震災が起きて、復興で綺麗になって、昔みたいなクセはだいぶ弱まってきてますよ。山口組関連でいえば、一時は阪神尼崎の繁華街を神戸山口組系の組員らが巡回しているという話もありましたが、今ではヤクザより警察官のほうが多い。治安が特別悪いとは思いません。

私は尼崎で16年間、ヤクザとして生きてきましたが、本音を言えば「愛着はあるけど好きではない」となる。自分らはバブルと無関係な世代でそのおこぼれも受けていないし、尼崎という場所的にも、ヤクザとして生きていくにはビジネスとしてのマーケットが小さい環境でしたから、実際、経済的にはキツかった。同じ阪神ブロックの二次団体に属するヤクザでも、猫組長みたく東京進出してたわけじゃないし、経済に長けているわけでもない。苦しい思い出しかないですね。だからこそ、「愛着はあるけど、好きではない」という感覚になるというか……。

――そんな尼崎でのヤクザ人生で出会った男たちを、本作では描いています。冒頭、組事務所で起きた殺人事件現場に駆け付けるエピソードで幕を開けますが、衝撃的でした。

沖田:私が駆け付けた時は、壁に血が飛び散って刺された人間は横になっていて、一目でもうダメだとわかる状態で。殺めたのは新入り時代に私が教育係として預かった若い子だったんです。私も参考人として警察署に引っ張られ、ニュースでも報道されてしまった。みんな動揺もあって、山口組総本部への報告が遅れてしまったのですが、この時、阪神ブロック長だった井上邦雄親分(現・神戸山口組組長)は「本家に対して、ウチには連絡入れたってことにしとけ」と当時のウチの上司らをかばっていただきました。ウチの親分とは同じ安原会系として、気心知れた間柄だったからだと思います。

――「尼崎の一番星」では様々な癖の強い男たちが登場します。その象徴が沖田さんの親分、という印象を受けました。

沖田:私が仕えた親分という人は、日課のように篠原の総本部に出向き、実直な性格もあって直参の方々の間でも信頼があるお人柄だったと思います。人の悪口を言わないし、信用があった。だから、尼崎地域で誰よりも力を持たれていました。

ヤクザとしてどうこういうより、「人として」どうあるかに厳しい人でした。お墓まいりの作法や日常の掃除、故人への思いといったものを全て私は親分から学ばせて頂きました。それだけでなく食事などをご一緒させていただく際は、会計などを先に済ますということを絶対にさせない。厳しいけれど、愛情をもって接してくれるのが伝わってくる方でした。

私に子供が生まれたとき、お食い初めやお宮参りの紐銭といった当たり前のことを、欠如している私なんかに教えてくれ、当時、私は二次団体の直参だったのですが、30人くらいの同僚たちが名前書いて、ご祝儀くれて。

◆引退を告げた際、母と妻が投げかけた言葉とは?

――脇を固める人たちも魅力溢れます。ホワイトブッチャーという沖田さんの舎弟分は、実にコミカルですね。

沖田:彼は今回の本では完全に脇役なんですがね。自分が主人公として書かれてると勘違いするような天然です。「いいシノギ思いつきましたわ」言うので聴いたら、警察署の前を通る車に足を踏ませてから因縁つけるという。それ当たり屋やないか、と。本人は「警察署の前では誰もやらんでしょう」と得意げだった、なんてことも過去にありました。

ただ、腕っぷしは滅法強い。ヤクザ同士の掛け合いになっても、座布団(役職、立場)関係なしに突っ込むんで、一見頼りになるんです。ところがあまりに空気が読めない。GOサイン出す前に暴れ始めてしまうので、ずいぶん手を焼きました。

――作中、シリアスな場面にも遭遇します。尼崎で16年間続けたヤクザを辞めると決めた日、どんな思いだったのでしょうか。

沖田:親分の引退に合わせて、自分も身を引くことにしたんです。今でも覚えてます、本部の3階にある組長室を出て1階に降り、外に出てから携帯で母にかけて。次に、嫁さんにかけて。

「ほんまにそれでいいの?」

2人から、同じことを言われました。ヤクザ辞めて、社会人としてやっていけるのか? という不安を感じていたんだと思います。今でこそ文筆でいろんな媒体に書かせてもらってますが、当時はそう思われても仕方なかったでしょうね。

――ヤクザを辞めて、後悔や未練はないですか?

沖田:ありません。今は文筆で名を成したい、と真剣に取り組んでいます。人に茶化されようと、無理やと言われようと、それは曲げないつもりですし、色んな縁にも恵まれ前に進んできている手ごたえも感じています。

ただ、尼崎という土地に関していえば、ヤクザを辞めた今でも、汚されたくないという気持ちはある。これは男なら当たり前のことだと思います。これが私なりの愛着なのかも。住みづらい街ですけど、離れることもできないこの尼崎で、これからも物を書いていくでしょうね。

■沖田臥竜(おきた・がりょう) 作家。1976年兵庫県尼崎市生まれ。20代で暴力団組員になり、山口組系直系組織の幹部を務めたが、組織の解散に伴い引退。12年間の収監生活の中で、文筆活動を始めた。2016年にアウトロー小説「生野が生んだスーパースター文政」(サイゾー)を出版。山口組分裂の分析も行っている


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス