最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『ハリポタ』原作者 「バツイチのメーガン・マークルに王子の妻は不向き」説に怒り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英ヘンリー王子とメーガン・マークルが婚約してからというもの多くの人がメーガンの王室入りを歓迎し祝福の声があがるなか、『The Spectator』は「メーガンはヘンリー王子の妻としては不適」と伝えた。早速、『ハリー・ポッター』シリーズの作者J・K・ローリングがTwitterで同メディアの記事を紹介したところ、多くのフォロワーが記事内容に不満を爆発させている。

「メーガン・マークルは、英ヘンリー王子の妻になるには不適である。ウォリス・シンプソン(ウィンザー公爵エドワードの夫人)が不適だった理由と同じだ:彼女には離婚歴がある。しかしヘンリー王子の祖母はイングランド国教会の首長なのだから。」

『The Spectator』によるこのツイートを見たJ・K・ローリングは、これをリツイート。自身にも離婚歴があることから「#TeamDivorcée(#離婚した女性チーム)」とのタグを添えて投稿したところ、以下のようなコメントがTwitterに溢れかえった。

「不適切? (離婚歴のあった)ウォリス・シンプソンが物議を醸した頃とは時代が違う。」

「大事なのはヘンリー王子とメーガンの気持ちだけだ。」

「J・K・ローリングの反応は完璧。」

「チャールズ皇太子の妻カミラ夫人は次の女王よ、でも彼女にだって離婚歴があるでしょう。」

ちなみにウォリス・シンプソンなる女性は、2度の結婚を経て1937年にウィンザー公爵エドワードの妻に。王室から反発され物議を醸し、1986年に死去している。

昔のスキャンダルをほじくり返し、しかもメーガンの両親が白人・黒人であることや両親や本人にも離婚歴があることに不満を持つ人がいるのは、とても残念なことだ。メーガンはヘンリー王子を愛し「今後はチャリティなどに一生懸命尽くしたい」と語っており、英国の人々を誇りに思わせる仕事をしようと今から楽しみにしているのだ。ローリングのツイートにより多くの人が“メーガン支持”であると世間にアピールしたことは、メーガンのみならず彼女を妻にすると決めたヘンリー王子にとって、大きな励みになったことだろう。

画像は『Kensington Palace 2017年12月2日付Instagram「Prince Harry and Ms. Meghan Markle arrive in Nottingham for their first official visit together since announcing their engagement.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス