最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

【衝撃事実】リポビタンDの “D” は英語じゃなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大正製薬のリポビタンD。「ファイトォォォオオオオオオオ!」「いっぱぁぁぁあああああああああつ!!」でお馴染みのあのリポビタンDのことである。最近では「ファイト一発」の掛け声がないバージョンのCMも放映されているが「リポビタンDにはアレがないと締まらない」と感じている人も多いハズだ。

それはさておき、リポビタンDの正式な商品名は「リポビタンデー」である。Dと書いて「デー」と発言するのはスタイリッシュさには欠ける気がするが、実はこのD……英語ではなく “ある言語” だとTwitterの公式アカウントが明かしたのだ。

・おっさんぽいイメージ
勝手な想像で大変恐縮だが、リポビタンDはおっさんによく飲まれるイメージが強い。仕事でもうひと踏ん張りしたいときにリポビタンDを飲み、それこそ「ファイト1発!」の掛け声で仕事に戻る……そんなシチュエーションが目に浮かぶ。

さらにいうならば、Dを「デー」と発音すること自体もおっさんっぽさを感じずにはいられない。おそらくこうした状況が誤解を与え続けてきたのだろう、「デー」は「おっさん風に発音した英語のD」だと誰もが思い込んでいたハズだ。だがしかし……。

2017年12月4日、リポビタンDの公式アカウントが以下のように投稿し、Dは英語ではなく違う言語の発音だと明かしたのだ。

「リポビタンDのDは “デー” と発音します。よくおじさん発音だと言われるんですが実はドイツ語の発音なんですよね。これずっと言いたかったんです。あースッキリしました。ついでにスカッとするCM作りました」

なんと「デー」はドイツ語の発音であり、決して英語のDをダサく発音した「デー」ではないというではないか。物心ついてから知っていたリポビタンDに、まさかこんな秘密があったとは……!

・ネットの声
「知らなかった」
「そうだったのか」
「豆知識だな」
「アー・ベー・セー・デー、ですね」
「なんでドイツ語なの?」
「そもそもなんでDなのか、ABCがダメだった理由を知りたい」

みんな納得……というより新しい疑問が次々と浮上していることは置いておいて、リポビタンDの「デー」はドイツ語の発音である。もし「デー(笑)」と小馬鹿にする人がいたら、真正面から「ドイツ語の発音なんだよ!」と教えてあげよう。

参照元:Twitter @Lipod_taisho
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る


外部リンク(ロケットニュース24)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス