最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

新作アニメ「SSSS.GRIDMAN」の制作が発表に! 「電光超人グリッドマン」東京コミコン2017ステージレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月2日(土)、幕張メッセで開催された「東京コミコン2017」(12月1日~3日)にて、「電光超人グリッドマン」のスペシャルステージが行われた。

「電光超人グリッドマン」(でんこうちょうじんグリッドマン)は、1993年4月から1994年1月まで、TBS系(一部系列局を除く)にて毎週土曜17:30~18:00にに全39話が放送された、円谷プロダクション・TBS製作の特撮番組。「電光超人グリッドマン」(でんこうちょうじんグリッドマン)は、1993年4月から1994年1月まで、TBS系(一部系列局を除く)にて毎週土曜17:30~18:00にに全39話が放送された、円谷プロダクション・TBS製作の特撮番組。自作パソコンの立ち上げに没頭する14歳の少年・翔直人が新世紀ヒーローに変身し、コンピューターワールドを支配しようとする悪の力に立ち向かう物語が描かれている。

今回、2017年12月2日(土)、幕張メッセで開催された「東京コミコン2017」(12月1日~3日)にて、「電光超人グリッドマン」のスペシャルステージが行われた。オフィシャルレポートが到着したので紹介する。


【オフィシャルレポート】


ステージには、特撮作品「電光超人グリッドマン」の本編監督の村石宏實氏、アニメーション監督の雨宮哲氏が登壇。さらにスペシャルゲストとして「電光超人グリッドマン」翔直人役の小尾昌也氏、そしてハイパーエージェント・グリッドマンが登場しキメポーズを披露すると、観客から一際大きな拍手が贈られた。

MCと3人によるトークがスタート。村石監督は「『電光超人グリッドマン』に参加したのは今から24、5年前(1993年に放送)。その縁で、今こうしてファンのみなさんに会えるのは嬉しい」と話した。また小尾氏は、15年ぶりくらいにこういうイベントに出て緊張していると語り、撮影当時(15歳だった)を振り返って「当時はすごく大変な撮影状況でしたが、そんな中でも自分は、変身後は登場しないので、そこまで忙しくなかった(笑)」とコメントし、会場が笑いに包まれた。雨宮氏は再放送で『電光超人グリッドマン』にハマり、「敵側がとても新鮮なキャラクターで、どちらかというと敵側に気持ちが寄っていた」と話した。

続いて、雨宮氏が2015年の日本アニメーター見本市で発表した「電光超人グリッドマン boys invent great hero」を観ながらのトークでは、村石監督が「すごいですね。当時の映像に合わせて作ってくれている。雨宮監督のグリッドマン“愛”が伝わってきます」とコメント。さらに「あとに繋がるものが作れたという意味では、(特撮版を作って)良かったなと思います」と話した。小尾氏も「カッコいいです。鳥肌が立っています」とコメントした。この映像は、『竜の歯医者』Blu-rayに収録予定。2018年1月24日発売となるので、ぜひチェックしてもらいたい。

そして、ここからは気になる新作情報。新作TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』のティーザーPVとティザービジュアルが解禁された。もちろん監督を務めるのは雨宮氏。さらに、脚本に長谷川圭一、グリッドマンデザインはウルトラマンゼロ以降のウルトラマンを手がけている後藤正行氏が担当すると発表され、雨宮監督は「円谷プロとタッグを組んで、しっかりと作っていきます」とコメント。村石監督は「(特撮版では)コンピューターワールドから外界へ出ていくことがなかったので。アニメ版ではどうなるのか楽しみ」と話した。小尾さんの「一番気になるのは誰が変身するのかという点ですね。直人か武史か」というコメントに、雨宮監督は「そのあたりも楽しみにしていてください(笑)」と返した。

さらに気になる声優についても発表があった。雨宮監督が、「『電光超人グリッドマン』のファンならもう分かっているはずですが……」と前置きした上で、特撮版でグリッドマンを演じていた緑川光さんが、TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」にも出演が決定したことが解禁された。緑川氏からビデオメッセージも届き、「(特撮版のグリッドマン)に出演していた若い頃とは違って、経験を積んでいますので、新たな表現ができると思います」と意気込みを語ってくれた。村石監督はそんな緑川氏に「当時の緑川さんはまだまだ若くて、今回25年ぶりに選ばれてどんなグリッドマンを見せてくれるのか。緑川さんの成長を楽しみたい」と笑顔で語った。

スタッフやキャストの一部が解禁され期待が高まる中、特撮版の「電光超人グリッドマン」のBlu-ray BOXが12月20日に発売! この発売を記念して、イベントも開催されることが発表された。イベント名は「電光超人グリッドマン スペシャルイベント?時空を超えた最終回?」開催日時は2018年1月8日(月)。きゃにめにてBlu-ray BOXを予約・購入した方を先着でイベントに招待するという。登壇者は、村石監督、小尾氏、雨宮監督。最終回「さらばグリッドマン」を観ながらの生コメンタリーが行われるようだ。

さらに再びグリッドマンが登場し、4名でのフォトセッションが行われた。最後は、登壇者がそれぞれコメントしトークイベントを締めくくった。

村石監督「今日ここに立てて嬉しい限りです。来年1月にもイベントがあるので、そちらにもお越しください。今日以上に皆さんと盛り上がりたいと思います」

小尾氏「短い時間であっという間に終わってしまいましたが、楽しかったです。1月8日にまたお会いできたらと思います。」

雨宮監督「たくさんのご来場ありがとうございます。来年からの放送、スタッフ一同頑張っているところです。ご声援よろしくお願いします!」

2018年秋、新作TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」の動向にぜひ注目してほしい。




【作品情報】
■TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」
・スタッフ:
原案:『電光超人グリッドマン』
原作:円谷プロダクション
監督:雨宮哲<日本アニメ (ーター)見本市『電光超人グリッドマン boys invent great hero』『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』監督>
脚本:長谷川圭一(「神撃のバハムート GENESIS」「ウルトラマンネクサス」)
グリッドマンデザイン:後藤正行(円谷プロ)
アニメーション制作:TRIGGER

・放送情報:2018年秋放送決定

・キャスト:グリッドマン:緑川光

【原作関連情報】

■「電光超人グリッドマン」Blu-rayBOX

全39話収録

・発売日:17年12月20日
・価格:32,900円(税別)

・本編枚数:7枚組

・収録分数:本編946分+特典映像102分
・全39話収録

・発売元:ポニーキャニオン TBS

<特典>

映像特典:ノンクレジットOP/ED

封入特典:特製リーフレット

<出演>

翔 直人:小尾昌也

井上ゆか:服部ジュン

馬場一平:須藤丈士

藤堂武史:菅原 剛

【声の出演】

グリッドマン:緑川光

魔王カーンデジファー:佐藤正治

ジャンク:嶋方淳子

ナレーター:真地勇志

【イベント情報】

■「電光超人グリッドマン スペシャルイベント~時空を超えた最終回~」
・日時:2018年1月8日(月)15:15集合/15:30開場/16:00開演/17:30終演 予定

・出演:グリッドマン、小尾昌也(翔直人役)、雨宮哲監督 ほか

<内容>

・スタッフ・キャストトークショー

・生コメンタリー付き最終回(39話)「さらばグリッドマン」上映会

・グリッドマングリーティング

・場所:ポニーキャニオン1Fイベントスペース

・参加方法詳細:「電光超人グリッドマン」Blu-ray BOX特設ページ(http://special.canime.jp/gridman)

(C)円谷プロ

>> 新作アニメ「SSSS.GRIDMAN」の制作が発表に! 「電光超人グリッドマン」東京コミコン2017ステージレポート の元記事はこちら

外部リンク(アキバ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス