最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アメリカの調剤薬局ブランドとコラボした甘酒使用ドリンクが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノスプロダクターが展開するラジオ併設カフェブランド「SORA×NIWA原宿神宮前」はこのほど、アメリカのアポセカリー(調剤薬局)ブランド「C.O.BIGELOW(シー・オー・ビゲロウ)」とのコラボメニューを発売した。販売は2018年1月31日までの期間限定。

期間中、同店では甘酒を使ったものなど全8種類のコラボメニューを提供する。甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富で、糖質や脂質、たんぱく質の代謝の役割を果たすビタミンB群、体内で合成されない必須アミノ酸、食物繊維やオリゴ糖などを多く含むという。

ドリンクの「甘酒×豆乳×エスプレッソ」(550円)は、脂肪燃焼の効果に期待ができるとされるカフェインを含むエスプレッソを甘酒・豆乳と合わせた。「甘酒×豆乳×抹茶」(600円)は、老化防止効果が期待できると言われる抹茶を使用している。

「甘酒×豆乳×竹炭」(600円)は、吸着効果が高く腸内の老廃物を吸着して排出するという竹炭を使用した。腸内環境が整うため、デトックス効果に期待ができるとのこと。そのほか、甘酒×ココアや甘酒×バナナのドリンクも販売する。ドリンクは米麹の甘酒を使用しているため、ノンアルコール、砂糖不使用とのこと。

フードは、パストラミビーフサンドウィッチや、ツナメルトサンドウィッチを用意する。

コラボメニューの提供のほか、12月16日・17日は、C.O.BIGELOWのボディークリームを使用したハンドマッサージを体験できるイベントを実施する。

※価格はすべて税込

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス