最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【日本遺産ドライブ】“NINJA”の里で忍術体験&近江牛・マツタケ食べ放題の旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
滋賀県の甲賀と三重県の伊賀は忍者発祥の地として、国内はもちろん海外でも広く知られている。なかでも甲賀流忍術のふるさと・甲賀は、鈴鹿山麓の豊かな自然に囲まれ、日本遺産「忍びの里 伊賀・甲賀」認定の多くの文化財が残る。

そんな甲賀の里にある「甲賀の里 忍術村」でぜひ体験したいのが忍術道場。石垣登りなどの術を修得する忍術体験は、海外のメディアにも取り上げられるほど人気だ。忍者衣装を着込んで体験すれば、気分は忍者そのもの。忍者が修練を積んだ「庚申山」の景色を楽しんだあとは、グルメや温泉も。マツタケと近江牛が食べ放題の「魚松本店」の元祖あばれ食いや美肌の湯など、忍びの里には忍者以外にも魅力的なスポットが満載だ。<※情報は関西ウォーカー(2017年11月21日発売号)より>

■ <10:00>【日本遺産】「甲賀の里 忍術村」忍びの里で忍術体験に挑戦!

旧藤林家のからくり忍者屋敷が「甲賀忍術博物館建物群」として日本遺産に認定されている忍術村。村内では屋敷や博物館の見学のほか、忍術道場もあり。水蜘蛛などの術を修得して、免許皆伝の巻物をゲット。

忍者衣装(1030円)に着替えて、忍者道場(無料)に挑戦。塀横歩きの術(写真)など9つの術をクリアすると、免許皆伝の巻物がもらえる。

実在した忍者の子孫「藤林家」の旧家屋を利用したからくり忍者屋敷。隠し戸などさまざまなからくりが満載。

城の石垣を登る石垣登りの術。ボルダリングの要領で登るのがコツ。

忍者といえば手裏剣。本格的な手裏剣体験ができる手裏剣道場(300円/8枚)。

日本遺産で、忍術三大秘伝書の「萬川集海」などを展示する甲賀忍術博物館。

原生林に囲まれた村内にからくり忍者屋敷などが点在。

■甲賀の里 忍術村<住所:滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394 電話:0748-88-5000 時間:10:00~16:00(最終入村15:30) ※季節により異なる 休み:月曜(祝日の場合翌日) 料金:入村料(1030円) 駐車場:480台(無料)

■ <12:30>【日本遺産】「庚申山広徳寺」忍者も修練した甲賀の絶景スポット

標高407mの庚申山広徳寺は、山伏の修練場として岩尾山、飯道山と共に日本遺産として認定。巨岩がそびえる、これら甲賀三山は甲賀忍者の修練場であったと伝わる。展望台からの甲賀の大パノラマは爽快。

山頂にある展望台からは、甲賀の町並みを一望できる。

■庚申山広徳寺<住所:滋賀県甲賀市水口町山上988 電話:0748-60-2690(甲賀市観光協会) 時間:自由 休み:なし 料金:無料 駐車場:庚申山広徳寺駐車場10台(無料)>

■ <13:30>「魚松 本店」“一生分”のマツタケ&近江牛を満喫

近江牛とマツタケの食べ放題「元祖あばれ食い」の人気店。2015年のリニューアルで、約1200席へとスケールアップした店内で、滋賀の豪華2大食材を90分食べまくり。松茸昆布のおみやげまで付く豪華な内容。

「松茸&近江牛食べ放題」(7560円)は前日までに要予約。お代わり自由の松茸ご飯に松茸の土瓶蒸しまでセット。

すき焼き鍋でマツタケと日本3大和牛の近江牛が一年中食べ放題。もちろん野菜&卵も食べ放題。最初は割り下を薄味にするのがたくさん食べるコツ。

新館のほか、骨董品や民芸品などがたくさん並ぶユニークな部屋のある本館もある。※部屋の指定は不可。

■魚松 本店<住所:滋賀県甲賀市甲賀町神2376 電話:0748-88-2206 時間:11:00~21:00 休み:なし 席数:約1200席 駐車場:50台(無料)>

■ <16:00>「甲賀・忍びの宿 宮乃温泉」忍びの里の隠れ家で名湯に癒される

甲賀の里にある温泉宿。その昔、神様のお告げで湧き出たと伝わる温泉は、美肌の湯として人気。その名湯が日帰りで利用できる。大浴場&露天風呂のほか、タヌキの置物がかわいい家族風呂もあり。

信楽焼の2つの湯舟がある露天風呂。自然豊かな忍びの里に湧く美肌の湯で忍術体験の疲れを癒そう。

甲賀の里で100年ほどの歴史を誇る温泉宿。宿泊、日帰り入浴のほか、昼食がセットの日帰りプランもあり。

■甲賀・忍びの宿 宮乃温泉<住所:滋賀県甲賀市甲南町杉谷364 電話:0748-86-2212 時間:日帰り入浴11:00~21:00(最終受付20:00) 休み:水曜(祝日の場合営業) 料金:入浴料(800円)、家族風呂ペア(4500円/60分) 駐車場:40台(無料)>

■ 【日本遺産】忍びの里 伊賀・甲賀-リアル忍者を求めて-の物語

京都や奈良の都に近く、山々に囲まれた特殊な環境から独自の技や知恵をはぐくんできた忍者。その忍びの里を歩けば、リアルな忍者の姿を感じられる。三重・伊賀の伊賀流忍者博物館なども遺産に認定。

忍者道具を展示する、伊賀流忍者博物館の忍者体験館。

■ 大阪から滋賀・甲賀までのアクセス

阪神高速湊町入口から新名神高速道路甲南ICまで、所要時間約70分、走行距離約94km。高速料金3910円(ETC割引2970円)。

甲南ICから「甲賀の里 忍術村」までのアクセスは、県道337号線を東へ、突き当たりのT字路を左折し県道134号線を北へ、野尻交差点を右折し県道4号線を南東へ、案内板を左折し北へ。約7km・約10分。【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/129903/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス