最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

藤田朋子「充実した老後が迎えられたら」夫から離れて群馬・桐生に単身移住

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女優の藤田朋子が、「住みたい田舎」として大人気の群馬・桐生に移住。この様子は、12月10日放送分の『イチから住』(テレビ朝日系、毎週日曜18:30~)にて放送される。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』でデビューし、翌年NHK朝の連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』や国民的ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などに出演してきた藤田。プライベートでは2005年にアコーディオン奏者・桑山哲也と結婚、おしどり夫婦として知られている。

そんな藤田は、夫を東京に残し、群馬県の東部に位置する桐生市に単身移住。桐生市は、奈良時代から絹織物の産地として知られ、歴史ある町並みが残っている。首都圏までのアクセスも良く、都会の機能と自然が隣接する“程良い田舎感”から移住先として人気が高く、昨年はおよそ400人が移住。雑誌の“住みやすさランキング”では、北関東1位を獲得している。東京生まれ、東京育ちの藤田が移住を決意したのは、「大人気の移住地だと聞いたので、どんなところが魅力的なのか自分で体験してみたい」という好奇心からだそうだ。

移住初日、桐生駅に降り立った藤田は、まずは住居を探そうと市役所へ。市役所には「空き家対策室」という部署があり、担当者によると「空き家バンク」に登録している物件の中に、すぐに居住可能な家が1軒あるという。早速向かってみると、それはなんと750坪もの敷地に建つ、1階建て10LDKの大邸宅。オシャレなカウンターキッチンに掘りごたつ、庭には池まであるという、ゴージャスな物件だった。

また、藤田はもう1軒、空き家バンクに登録していない物件も内覧。こちらは、高台に建つ3LDKで、眺望のよいデッキがあり、リビングには薪ストーブが。はたして、藤田はどちらの物件を選ぶのか? 住む家が決まったら、さっそく生活準備や仕事探しにも乗り出す。

住んでみての感想を聞かれると、「商店街は古くからやっているお店が多いですし、地元の方々が親しみやすく話しかけてくれて、とても温かい町だなと思いました。織物が盛んな街なのでクラフト的なこともやってみたいですし、とにかく自分が想像もしていなかったようなことに挑戦してみたいですね」とコメント。また、離れて暮らしたことがない夫からは「淋しいね。たまには僕も桐生に行くよ!」と言われたというが、「都会から離れた暮らしがどういうものか、旦那さんに伝えられたら」と前向きに語っている。

地方ロケに行けば地元住民と仲良くなり、そこの住民に東京案内したこともあるなど、誰とでもすぐに打ち解ける性格の藤田。「人見知りするよりも懐に飛び込んでしまうタイプなんです。桐生市の皆さんは飛び込んだらちゃんと受け止めてくれるので、とても助かっています!」と、持ち前の“人懐っこさ”を生かして移住生活を楽しもうとしている。今後は「桐生市は、とても私に向いている街のような予感がします。もっとディープに関わって“第二の故郷”と呼べるくらいまで、桐生市の皆さんと仲良くなりたいですね。人生、無駄なことはないと思うので、体験したことをきちんと身につけて充実した老後が迎えられたら」と意気込んでいる。好奇心と人懐こさを武器(!?)に、藤田は地元住民たちとどんな交流を繰り広げていくのか。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス