最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

田中偉登「20問20答」大事な日にはお守り持参「このまま一生お芝居を続けたい」【U-22美男子名鑑】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この冬、ドラマ、映画出演が決まる、絶対見逃せない俳優から22歳以下限定で期待度高な“イケメン”役者を紹介する「美男子名鑑」シリーズ。今回は、幼少時から読者モデルとして活躍し、ドラマ「13歳のハローワーク」(2012年、テレビ朝日系)で俳優デビューを果たした田中偉登。2017年10月にスタートしたドラマ「セトウツミ」(テレビ東京系)や公開中の映画「デメキン」、2018年5月12日(土)公開の映画「孤狼の血」に出演するなど、勢いにのる田中偉登が20問20答に挑んだ。

■ Q1:役者になろうと思ったきっかけと、現在の事務所に入ったきっかけは?

小さい頃から読者モデルをしていて、その時に出ていたファッションショーを見てスカウトされました。最初はわけもわからず楽しいからやっていたのですが、本気で役者をやろうと思ったのは、映画「るろうに剣心」(2013年)で大友啓史監督の作品に出演してからです。共演者の皆さんはテレビで観ている人ばかりで、現場の熱気をすごく感じたんです。僕もこんな風になりたいと思うようになりました。今の事務所は、好きな俳優さんが所属していて、設立間もない会社なのに何でこの人はこんなに活躍できているのだろうと思い、履歴書を送りました。面談でマネージャーさんに会った瞬間に、この人とやっていきたいと直感しました。

■ Q2:ご自身の魅力は何だと思いますか?

負けず嫌いなところですかね。現場では最年少だったりすることが多いのですが、年上の共演者の方に負けたくないと思って張り合ってしまうんです。撮影中は役に没頭して、先輩の俳優さんにも負けないように取り組んでいます。

■ Q3:最近「決めてやったぜ!」と思った出来事、または自分で決めているルールを教えて!

オーディションとか大事な仕事のときには、マネージャーさんに貰った芸能の神様のお守りを常に持っています。オーディションのときはそのお守りに「開運、開運」と祈っているのですが、そうすると結果もうまくいくことが多くて、今回の映画「デメキン」でも「キメた!」と思っています。

■ Q4:最近大笑いしたこと、面白かった出来事は?

「セトウツミ」(テレビ東京系)というドラマに出演しているのですが、オンエアを観ていると毎回大笑いしてしまいます。自分が出ている出ていないに関わらず本当に大好きなんです。登場人物一人一人のキャラが濃くて、世界観もシュールで観ていてずっと笑ってしまいます。僕は顔を思い出してもらえない馬場という役なのですが、今のところ思い出してもらえていません。そんな馬場にも注目して観て頂きたいです。

■ Q5:現在熱中していること、または最近アツくなったことは?

舞台「小鳥女房」(2017年11月上演)の稽古をやっていました。まだ舞台経験が少ないので、舞台独特の空気感や動き方、芝居の仕方などを一から教えてもらいました。それ以外のことを考えられないくらい、アツくなりながら必死で稽古をしました。

■ Q6:最近見た夢は何ですか?

真っ黒くて大きな蜂に襲われる夢です。気づくと目の前に蜂がいて、いっぱい刺されたんです。「これは何かの予兆かも」っていう話をしていたら、数日後に風邪をひいちゃいました。以前も同じ夢を見た数日後に同じく風邪をひいたので、やっぱりあれは予兆だったんだと思います。

■ Q7:将来の夢、目標を教えてください。

このまま一生お芝居を続けていきたいです。常に自分から新しいことを発信していける役者になりたいと思っています。

■ Q8:特技&趣味

趣味で絵を描いています。抽象画なんですが、絵の具や鉛筆、クレパスとか、画材もいろいろ使って自由に描いています。時代劇の撮影時に描いた絵をマネージャーさんに見せたら「大丈夫?」と心配されました(笑)。

■ Q9:好きなテレビ番組

やっぱり「セトウツミ」は大好きです!他のドラマだと「陸王」(TBS系)とか…。あとバラエティーの「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は、編集がかなりツボです。

■ Q10:いつも持ち歩いているもの(カバンの中身)

先程マイルールでも話した、お守りは常にお財布の中にしまって持ち歩いています。

■ Q11:好きな食べ物、苦手な食べ物

好きなのは、唐揚げ! 苦手なのは大根です。どう調理しても食べられないんです。

■ Q12:生まれ変わるなら何になりたい?

動物に生まれ変わるなら狼ですかね。僕だったら絶滅しない気がするんです。頑張って生きていける強さがあるので、狼に生まれ変わって絶滅を防ぎたいです。

■ Q13:大人になった(成長した)な~と思うこと

現場で出会った年下の俳優さんとご飯を食べにいったとき、彼らに気付かれないうちにお会計を済ませたこと!今まで先輩方にやっていただいたことをやった時に、大人になった感じがしました。

■ Q14:学生時代にやっていた部活(今、やっているスポーツ)

小学校5年生から中学2年生までバスケをやっていました。お仕事でなかなか行けなくて部活を辞めてから、今でもストリートバスケをやっています。

■ Q15:学生時代、得意だった科目

国語と体育。

■ Q16:ストレス解消法。元気(パワー)の源は?

夜、歩いて帰りながらヘッドホンで音楽を聴いて口パクで歌うことですね。最寄り駅から家まで15分くらいなんですが、ノリノリで歌いながら歩くのが大好きなんです!マスクはしていますが、調子が出ると身振り手振りもついてしまうので、絶対に怪しいですよね。

■ Q17:旅行するなら?

海外に行くなら仕事で行きたいな…。国内であれば北海道旅行に行きたいです。以前仕事で行ったときに食べたご飯がすごく美味しかったです。前は好き嫌いが多かったのですが、海鮮とかも食べられるようになったので、北海道で海鮮を食べたいです。

■ Q18:好きな色は?

黒と赤。

■ Q19:(女の子に言われて)うれしい褒め言葉は?

「一緒にいると落ち着くね」とかかな。関西人なので「面白いね」って言われるのもうれしいですが、一番うれしいのは「落ち着く」と言われることです。

■ Q20:宝物は?

今まで関わった作品の台本を全部取っていて、まとめて箱に入れているんです。この箱が宝物です。

■ おまけのQ21:最後に出演作について教えてください

「バッドボーイズ」の佐田正樹さんの自伝的小説を映画化した『デメキン』が公開中です。僕はヨージという主人公の友人を演じました。もともと不良漫画やヤンキー漫画が大好きなので、自分の中にあるやんちゃな部分を引き出して演じました。周囲は僕より歳上の俳優さんたちばかりで、彼らに負けていられないと思いながら撮影に挑んでいました。喧嘩などのアクションシーンも自由にやらせてもらえて、いろいろな工夫をしながら現場に立ち続けました。体力面や、怒鳴り続けて喉を枯らしてしまったりと大変なこともありましたが、本当にやりがいのある現場だったので、多くの方に劇場で観ていただきたいです!

『孤狼の血』ではヤクザ役をやらせていただいたのですが、役所広司さんはじめ、先輩方のすごさに圧倒されながらも自分が今できるすべてのことを出そうと思ってやり切りました。来年もいろいろな作品に出演させていただきますので、田中偉登を観ていてください!!

●田中偉登=たなか・たけと。2000年1月24日生まれ、大阪府出身。血液型O型。

読者モデルとして幼少時から活躍し、ドラマ「13歳のハローワーク」(2012年、テレビ朝日系)で俳優デビュー。2013年の映画「るろうに剣心」では明神弥彦役を演じ、2014年の「仮面ライダー鎧武/ガイム」(テレビ朝日系)では謎の少年・ラピスを演じるなど、注目を集めている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129873/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス