最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【保存版】100店のそば屋を実食!「都内最強立ち食いそば」はこの10店舗だ!! 立ちそば放浪記まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ああ忙しい忙しい! 年末の足音が聞こえる12月。あと1カ月で新年なんて信じられない気持ちでいっぱいだ。何はなくとも、気持ちは慌ただしくなる一方である。

そんな時は、そばでも食べて落ち着こう。というわけで、100店舗のそば屋を回った男に都内最強立ち食いそば屋10選を聞いた。ちょっと気は早いが、年越しそばにも最適だぞ!

・中澤星児さん
話をうかがったのは、立ち食いそば屋巡りが趣味の中澤星児さん。そう、私だ。私がロケットニュース24で連載している「立ちそば放浪記」が、前回の記事でついに100店舗を達成したのである。放浪したなあ……。
そんな訳で、行ってみてオススメだと思った立ち食いそば屋を厳選してご紹介しよう。私が思う都内最強の立ち食いそば屋は以下の10店だ!

・都内最強立ち食いそば屋その1『四谷 政吉
『四谷 政吉』はまとめる度にオススメしている気もするが、お金はもらってません。特徴は、独特の濃厚な甘辛つけ汁。このつゆと色白細めのそばのバランスがとにかく良くて、目が醒めるようだった。ニュータイプのそばの味

・都内最強立ち食いそば屋その2『がんぎ
ニュータイプと言えば、茅場町『がんぎ』のバランスも捨てがたい。プリップリのスパゲティーのような食感の麺とつけ汁の組み合わせは、そばではない新しい食べ物に到達している感じがする。

・都内最強立ち食いそば屋その3『田舎そば かさい
一方、これでもかとそばを食べてる感じがするのが、中野駅前にある『田舎そば かさい』だ。文字通り、太い田舎そばが特徴で、噛む度にそばの風味が口の中に広がる。

・都内最強立ち食いそば屋その4『峠そば
そんな『田舎そば かさい』の豪快さとは、これまた対照的に繊細さがキラリと光るのが虎ノ門の『峠そば』。派手さはなくとも、圧倒的に上品な味はまたすぐに食べたくなる。ギタリストで言うと、今剛(こん つよし)タイプ

・都内最強立ち食いそば屋その5『信越そば
ギタリストと言えば、若い頃にプロギタリストの付き人をしていた私。その人が1度連れて行ってくれて、10年以上記憶に残ってたのが青山の『信越そば』。思い出の味であると共に、やはりそのウマさは間違いなかった。

・都内最強立ち食いそば屋その6『かめや
間違いのなさで言うと、新宿思い出横丁の『かめや』も捨てがたい。看板でもオススメされている「天玉そば」は、400円と高コスパでスタンダード的なウマさ。まずは、『かめや』から。新宿駅から近いのもグッド。

・都内最強立ち食いそば屋その7『笠置そば

逆に、駅から少し歩いても行く価値があるのが門前仲町『笠置そば』。麺は茹でたて、天ぷらは揚げたてにこだわった味は、とてもワンコイン以下とは思えないコスパ。本当に立ち食いそばかよ!?

・都内最強立ち食いそば屋その8『川一
同じく駅から少し離れているが、秋葉原の『川一』も捨てがたい。立ち食いそば激戦区の秋葉原で、個人的にはこの店がラスボスだ。

・都内最強立ち食いそば屋その9『きうち
都内にいくつかある立ち食いそばの激戦区。人形町もそんな激戦区の1つだが、『きうち』の「いかゲソ天そば」には惚れた。噛めば噛むほど味の染み出すゲソ天が癖になるゥゥゥウウウ!

・都内最強立ち食いそば屋その10『歌舞伎そば
最後は銀座の『歌舞伎そば』。ボリューム十分な「もりかき揚げそば(470円)」のコスパもさることながら、ワビサビのある外観と内装など全てがそばをウマく感じさせてくれる。夏はここの冷やしそばで決まり

──以上である。店や味の詳細については各記事でご確認いただければ幸いだ。とにもかくにも、放浪し続けて2年3カ月。これだけ続けられたのもひとえに見てくれている皆さんのおかげです。これからもよろしくお願いいたします。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

画像をもっと見る


外部リンク(ロケットニュース24)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス