最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“優柔不断”と“慎重”の違い【DJあおいの「働く人を応援します!」】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独自の恋愛観を綴るTwitterが人気の謎の主婦、DJあおいが働くこと・毎日を楽しむためのヒントについて語ります。第123回目のテーマは、『“優柔不断”と“慎重”の違い』。何かを決める時に、慎重になる人。でも、あまりに考え過ぎて決められず『優柔不断』になってしまう人もいますよね。さて、これらの違いとは?
DJあおいの働く人を応援します_優柔不断と慎重の違い
イラスト:沼田光太郎

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
優柔不断はリスク回避の心理
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
『優柔不断』というのは、簡単に言えばリスク回避の心理です。
よりリスクのない選択をしようとして
迷いが生じてしまうのが『優柔不断』ということです。

昔と違って、今は容易く情報が手に入る情報過多の時代、
そういう意味で言えば、幾らでも
選択肢を増やせる時代なんですよね。

選択肢が増えることは悪いことではないのですが、
多すぎる選択肢は、決断力を妨げるものに
なってしまう側面もあるんですよ。

いつまでも、自分にとって
より良い選択を求めてしまうことが
出来てしまう時代ですから、
選択肢を切り捨てる決断力がないと
エンドレスに迷い続けてしまいます。

その根幹にあるものがリスク回避の心理、
そのリスク回避の心理が働いている以上
どの選択をしても、
『やっぱりあっちの方が良かったかもしれない…』
という後悔が生じてしまうんですね。

物事の成果というものは、
選択と行動によって得られるものでして、
選択だけではまだその成否はわからないものなんです。

自分の選択したものを成功に導く行動があって初めて
成果が得られるわけですが、
優柔不断な人というのは、
リスク回避の心理で、
選択だけで成果を得ようとしてしまうんですね。

その選択を正解に導くためにどう行動するべきかが、
ごっそり抜け落ちてしまっているので、
悩んでも悩んでも
決断することができなくなってしまうんですよ。

『慎重』というのは、優柔不断と違って
行動の意思がある人の思考です。

選択で迷っているというよりも、
自分自身がどう行動を起こせばいいのか
綿密にプランを立てている状態、
もしくはシミュレーションを
何度も咀嚼して自分がすべき行動を確認している過程。

選択肢はすでに絞ってはいるけども、
行動の選択肢を決めかねている状態でしょうか。
ちゃんとリスクと向き合っている人が
『慎重』なので、優柔不断な人とは根本的に違います。

慎重な人は、その選択を
正解に導くための行動の意思がある人。

リスクとは言わば自己責任ですからね、
リスク回避の心理が働いている優柔不断な人は
責任から逃れようとしているということ。
リスクと向き合っている慎重な人は、
その行動にちゃんと責任を感じているということです。

+ + + + + + + + + + + +
▼過去の記事一覧はコチラ▼

バナー

■最新著書
『キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(DJあおい:著/¥1,404/ワニブックス)
この連載を元にした、DJあおいの「仕事術本」が遂に完成! 仕事術と言っても、ただの仕事術じゃあ、ありません。『普通の幸せ』を手に入れるための仕事術。実はこれが一番難しい。「仕事は辛いけど、たっぷりお金を稼げる生活」よりも、「毎日が平穏無事で、それなりに稼げる生活」がしたい―― そう思っている女子は必見。
※この書籍は、本連載に大幅な加筆修正を加え書籍化したものです。

iconDJあおい
謎の主婦。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー15万。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。
■公式ブログ http://djaoi.blog.jp
■Twitter メインアカウント https://twitter.com/djaoi
サブアカウント https://twitter.com/DJ_aoi

▶過去の記事一覧はコチラ
LINEで最新記事をお知らせ▼
お気に入りの連載の最新記事が出たら、LINEでお知らせします!


外部リンク(タウンワークマガジン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス