最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

いしだ壱成「ルール全面撤回」もドレッシングは14本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)Elena Veselova / Shutterstock
(C)Shutterstock

今年8月に一般女性と離婚したばかりのいしだ壱成が11月15日に記者会見を開き、女優で23歳年下の飯村貴子と交際していることを明かした。

ふたりは今年5月に舞台『午前5時47分の時計台』で共演している。いしだは「一目ぼれ」だと明かしたが、交際は離婚後で不倫関係ではなかったという。

「会見中に直接、飯村に電話をして『たあたん、報道陣の皆様に“こんにちは”して』と甘え言葉で会話しており、報道陣も引くほどのおのろけ全開ぶりでした」(芸能ライター)

この会見を受け、インターネット上では《キモい》といった批判的な投稿が多かった。

「のろけた態度や、年の差が離れているといったこと以外にも、いしだが批判されている理由があります。10月に前妻との離婚を明かした際、シャワー中にバスタオルと洋服を用意させることをはじめとした、厳し過ぎる“壱成ルール”が話題になりました。しかしいしだは、新しい恋人には『全撤回です』と180度の方針転換をしたことを明かしています。これでは前妻も報われません。また、いしだの父の石田純一は11月30日放送の『ダウンタウンDX』で父子共演した際に、番組中に再び飯村に電話をしようとした壱成に『別れた奥さんの気持ちを考えないと』とたしなめ、電話は中止になったそうです」(同・ライター)

同棲部屋の家賃は2万円台


石田と飯村は東京都多摩市にある家賃3万円台のワンルームマンションで半同棲生活を送っているといわれるが、実はもっと家賃は安いらしい。

「後日、芸能リポーターが聞いたところでは、本当は2万円台だといいます。壱成は石川県に本宅があり、東京に来た際は多摩に滞在しています。そこは前妻と暮らした部屋で、前妻が使っていたカーラーや箸などを飯村が使用していることも話題になりました。また、壱成ルールで有名になった7種類のドレッシングですが、本宅のほうにも7種類置いてあり、本当は14本あるといいます」(同・ライター)

さて、ふたりは長続きするだろうか。

【画像】

(C)Elena Veselova / Shutterstock


外部リンク(まいじつ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス