最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

12月の詩歌 ── いろいろに思い出される2017年もあとひとつき月です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年12月に発表される「ユーキャン新語・流行語大賞」や、日本漢字能力検定協会のキャンペーン「今年の漢字」など、一年を締めくくるイベントも多くなります。ちなみに、2016年の「ユーキャン新語・流行語大賞」は「神ってる」、「今年の漢字」は「金」でした。みなさん覚えていましたか?
社会的にワイドショーなどで連日取り上げられるニュースはたくさんありましたが、みなさんも冬の冷たい空気の中で、あれもこれもできなかったなあ、来年はどんな年になるだろうか、などと考える機会も多いことでしょう。
今回はそんな時季の情緒を描いた詩歌・俳句を中心に選んでみました。ちなみに12月は師走、極月とも呼ばれます。

〈マスクして弱い心を覆ひ得ず〉

〈マスクして弱い心を覆ひ得ず〉

なんかと、せわしない年の瀬


まずは年末を詠んだ詩歌から。年末には「年の暮れ」「年の別れ」「年の名残」などさまざまな言い方があります。
日もどんどん短くなっていきます。新しい年の準備や一年の締めくくりの行事がたくさんあります。そんな中で、桂信子の句、身の回りのものはすべて塵にすぎない、と言い切ってしまう潔さはうらやましいくらいです。
〈行く年や猫うづくまる膝の上〉夏目漱石
〈暮れてゆく年なり飯を食べてゐる〉太田鴻村
〈十二月どうするどうする甘納豆〉坪内稔典
〈冬薔薇や賞与劣りし一詩人〉草間時彦
〈本買へば表紙が匂ふ雪の暮〉大野林火
〈日記買ふ未知の月日に在るごとく〉中村秀好
〈月まぶし忘年会を脱(のが)れ出て〉相馬遷子
〈庭師来て冬の形をつくりだす〉平井照敏
〈忘年や身ほとりのものすべて塵〉桂信子

〈日記買ふ未知の月日に在るごとく〉

〈日記買ふ未知の月日に在るごとく〉

これからは風邪をひきやすい時期でもあります。「くさめ」はくしゃみのこと。
〈くさめしてしらじらとあるおもひかな〉長谷川ふみ子
〈咳の子のなぞなぞ遊びきりもなや〉中村汀女
〈マスクして弱い心を覆ひ得ず〉佐東聖一
〈わが丈にあまる一枚ガラス窓磨けば冬の海鳴りはじむ〉今野寿美
この歌は大掃除の情景かもしれませんが、日常の中にふいに発見される非日常を描いています。何か不穏な雰囲気もあります。
とくに俳句は短いだけに、夢のような謎めいたドラマを感じさせることがあります。冬の句の中にもこんなものがあります。冷たい空気が緊張感に満ちた空間を作ります。
〈蝶墜(お)ちて大音響の結氷期〉富沢赤黄男
〈夢に舞う能美しや冬籠(ふゆごもり)〉松本たかし
〈人影もなく湯豆腐の煮えてをり〉岸本尚毅

〈わが丈にあまる一枚ガラス窓磨けば冬の海鳴りはじむ〉。最近の窓ガラス掃除は、こんな光景も当たり前に

〈わが丈にあまる一枚ガラス窓磨けば冬の海鳴りはじむ〉。最近の窓ガラス掃除は、こんな光景も当たり前に

風花が舞い、雪が降る──そしてクリスマス、大晦日


冬には、霜が立ち、雪やみぞれ、晴天にかすかな雪が風に舞うことがあります。「風花(かざはな)」といいます。
〈霜の刃を踏めば無限の空が鳴る〉石原八束
〈かぎりなく降る雪何をもらたすや〉西東三鬼
〈雪日和たたみ鰯の目の碧き〉長谷川櫂
〈みぞるるや雑炊に身はあたたまる〉飯田蛇笏
〈風花の大きく白く一つ来る〉阿波野青畝
そしてクリスマス、大晦日がやってきます。大晦日のことを「大年(おおどし)」ともいいます。
〈見つめよと置くともしびやクリスマス〉千葉皓史
〈大年のオリオンを妻よろこべり〉志城柏
── みなさんはどんな一年でしたか?  2018年もよい年であるといいですね。

〈大年のオリオンを妻よろこべり〉

〈大年のオリオンを妻よろこべり〉

外部リンク(tenki.jpサプリ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス