最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Spindle籾山ひめり、『ラストアイドル』2ndユニットSomeday Somewhere兼任参加表明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ローラースケート女性アイドルグループ・Spindle(スピンドル)の若きエース 籾山(もみやま)ひめり(13歳/中学2年生)が自身のブログを更新。12月2日に放映されたテレビ朝日のオーディション番組『ラストアイドル』にて、ラストアイドルグループ3番目の2ndユニットSomeday Somewhere に参加したことを報告した。ユニット名は「いつか、どこかで」という意味。 『ラストアイドル』は暫定メンバーの7人が、毎週番組に登場する挑戦者と1対1のパフォーマンスバトルを行い、挑戦者が勝利すれば即メンバー入れ替えとなる前代未聞のオーディション。現在、最終メンバー結成に向けて大詰めを迎えている。勝ち残ったメンバーが秋元康氏プロデュースで楽曲「バンドワゴン」でデビューを果たす。

先日、ひめりは暫定メンバー最年長21歳、立ち位置2番の吉崎綾に挑戦。13歳 VS 21歳、8歳年の差対決として話題となったが、惜しくも敗退。トップアイドルになる夢に向けて、Spindleと兼任して、ラストアイドルグループ2ndユニットSomeday Somewhere への参加を表明した。

メンバーには、ひめり以外に、ラストアイドル初期暫定メンバーセンターだった間島和奏をはじめ、山田まひろ、清原梨央、木村美咲、猪子れいあ と個性的かつ強力なメンバーが集結した。
 デビュー曲は、秋元康氏作詞の 「Again & Again」。「ある日 突然悲しみが生まれることってあるんだ。どんな晴れた青空だって夕立は急にやって来る」という出だしの歌詞は、ひめりはじめSomeday Somewhereのメンバーの同番組での悔しい思いをした心情をも歌っている。またサビ部分の「何度でも転べばいい 立ち上がる次のチャンスはあるんだ 傷ついて君はもっと強くなっただろう」は、メンバーへの応援歌でもあり、現在、壁にぶつかっている全ての人たちへの応援ソングにもなっている。そのさわやかながら力強いメッセージ性がある楽曲はヒットの予感ありだ。同曲は、12月20日発売のラストアイドルの 「バンドワゴン」の初回限定盤type-Cのカップリング曲として収録される。

今回のSpindleとSomeday Somewhereの兼任について、ひめりは「今まで以上に皆さんと会える機会が増えると思うので、すごく嬉しいです。自分の夢に向かって、気を引き締めて自分らしく頑張っていきたいと思います。応援お願いします」と語った。

また12月10日(日)16時30分から日暮里・ファーストプレイス東京にて開催される『Spindle ファンミーティング5 クリスマススペシャル』にも参加する。当日はひめりをはじめSpindleメンバーのローラスケートパフォーマンスを間近で観るチャンスだ。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス