最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

波岡一喜、“相方”とろサーモン村田のM-1優勝を祝福「ケントと2人で見て、優勝をした瞬間にチューしたわ(笑)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の波岡一喜が3日深夜、自身のInstagramを更新。同日行われた漫才日本一を決める『M-1グランプリ2017』にて13代目王者となったお笑いコンビ・とろサーモン(村田秀亮・久保田かずのぶ)を祝福した。

 4日放送のNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』より天才落語家・月の井団吾役で登場する浪岡は、落語家姿の写真を投稿。「明日から、朝ドラ、わろてんか出ます 是非見てね!」とPRしつつも、続けて同日行われたM-1の感想を述べた。

実は、浪岡と村田は第153回芥川賞を受賞したピース又吉の中編小説を実写化したNetflixオリジナルドラマ『火花』にて共演。浪岡は破天荒な天才芸人・神谷才蔵、村田はその相方・大林和也を演じ、ドラマ内では「あほんだら」というお笑いコンビを組んでいた。

そんな“相方”・村田の優勝に、浪岡は喜びを爆発。「村田M-1ホンマにおめでと~!ケントと2人で見て、優勝をした瞬間にチューしたわ(笑)ホンマに良かった!優勝おめでとう!あほんだらの相方!!!」とコメントし、同ドラマにスパークス・徳永太歩役で出演していた林遣都と共に鑑賞、喜びのあまりキスしたことを告白。売れない芸人役を演じていた村田の“その後の姿”に感激していた。

なお、番組内で、MCを務めた今田耕司は「テレビ版ですけど『火花』では売れない漫才師役。売れたいわーっていうセリフありましたけど」とコメント。村田は目を潤ませながら「売れてない芸人が言った本気のセリフだったんです」と語っていた。

浪岡のフォロワーからも「村田さん本当におめでたいですね……!!!感動!!!!」「遣都くんと波岡さん今見てるのかな~と思っていたので、2人が一緒に見ていたなんてめちゃくちゃ嬉しいです!!とろサーモン優勝めちゃくちゃ嬉しいのと、お二人が一緒に見ていたという感動で泣いてしまいました 火花の世界が一気に思い出されて、もうめちゃくちゃ感動しました…火花の続きを見ているような感覚でした。」「ホントに嬉しいです!!!優勝した瞬間、神谷さんがベロベロに酔っ払いながら大泣きしてる気がして、そう思ったら泣けて泣けて きっと神谷さんが喜んでると思ってました!そしたらホントに神谷さんが見てた!しかも徳永も?!もう涙止まらん」などの声が上がっており、『火花』ファンの間でも感動が広がっている。


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス