最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

4つのコツでお気に入りのニットが長持ち! 誰でもできるお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



寒い日はフワフワのニットが欠かせませんよね。ところが、洗濯を繰り返すごとに首回りが伸びたり手触りが悪くなったりと劣化してしまいます……。せめてお気に入りのニットは、できる限り良い状態で長く着たいと思うもの。そこで今回は、クリーニング師の資格を持つ筆者がニットを長持ちさせる4つのコツについてご紹介します。

ビジューのついたニットは裏返しで洗うのが基本

最近では、スパンコールやビジューのついたデザインのニットも多く売られています。しかし、洗濯したら装飾品が取れてしまった……なんてことになっては大変です。ビジューなどの装飾品がついたニットは、必ず“裏返し”にしてから洗いましょう。

首回りの伸びは洗濯前にケアしておく



ニットを洗濯機に入れるとき、脱いだままの状態で入れていませんか? 何もしないまま洗濯機に入れてしまうと、首回りが伸びてしまうかもしれません……。できる限り購入時に近い状態を保つためにも、ニットは洗いにかける前に首回りをヘアゴムで結び、洗濯ネットに入れておきましょう。洗濯機にかけたときに起こる摩擦が少なくなるため、首回りが伸びてしまうリスクが軽減されます。

洗濯ネットに入れるときは1枚ずつがベター

洗濯ネットに入れるとき、複数枚のニットをまとめて入れてしまうと洗浄力が下がってしまいます。またシワなどの原因にもなるので、ニットの大きさに合った洗濯ネットに1枚ずつ“たたんだ状態”で入れてから洗濯しましょう。

柔軟剤の使い方でフワフワ感が変わる



ニットを洗うとき、多くの方は洗剤と一緒に柔軟剤を入れるのではないでしょうか? 実は、洗剤と一緒に柔軟剤を入れるのは、効果的な使い方ではないのです。いつ入れるのがベストなのでしょうか。それは、最後のすすぎを行うときです。すすぎ前に入れることで柔軟剤の成分がニットに浸透し、普通に洗濯するよりもフワフワ感のある仕上がりになります。

洗剤と一緒に柔軟剤を入れると思わぬリスクも

洗剤と一緒に柔軟剤を入れない方が良い理由は、ニットのフワフワ感が変わるからだけではありません。洗剤が持つ洗浄成分と柔軟剤が持つニットを柔らかくする成分がケンカしてしまい、効果を打ち消しあってしまうことも挙げられます。それぞれが持つ成分を生かすためにも、柔軟剤は最後のすすぎ前に入れるのがベターです。
洗濯機によっては柔軟剤専用の入り口があり、そこに入れれば自動的に最後のすすぎ前に入れてくれるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

干し方にひと工夫入れてニット全体の伸びをケア

ニットはハンガーにかけて干すと肩が伸びてしまいます。これは、ニットが同じ方向に力が加わるとその方向に伸びる特性を持っているためなのです。平らなところに広げて干すのが望ましいですが、現実的に難しいでしょう……。筆者のおすすめ、それは袖を後ろに折り、ニット全体をハンガーにかけて干す方法です。一定方向に力が加わりにくくなるため、伸びるリスクを大幅に回避できます。

ニットは4つのコツでより長持ちする

ニットは、洗い方や干し方に工夫を入れるだけで長持ちします! ご紹介した4つのコツを、ぜひお気に入りのニットに試してみてくださいね。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス