最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

HTC U11のSIMフリー版発売決定に喜びの声 - HTCがファンイベント開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●SIMフリー版のHTC U11が国内発売
HTC NIPPONのは12月1日、ファンイベントを開催しました。これはグローバルで最新スマートフォン「HTC U11 life」「HTC U11+」をローンチしたことを記念したもの。一般から選ばれた30名前後の参加者が、デザイナーと意見交換をしたり、開発者に新機能の提案をしたりと2時間のイベントを存分に楽しんでいきました。

○懐かしの端末が勢揃い!

Androidスマートフォンの黎明期から、モバイル市場を牽引してきたHTC。会場には、これまでのレガシーともいえる歴代の端末が勢揃いしており「これ持っていた」「本当に良い端末だった」などと、思い出話に花を咲かせるファンで賑わっていました。

○発売前のAndroid One X2をチェック

国内では、ワイモバイルから「Android One X2」が発売されるとアナウンスがあったばかり。同端末はグローバルのHTC U11 lifeをベースにしたもので、HTCとして初めてのAndroid Oneスマートフォンとなります。各テーブルにはAndroid One X2のデモ機が配られ、初めて触る発売前の新モデルに、ファンのテンションも上がります。

背面には3Dガラスボディを採用。角度によって色味が変わる、デザインが目をひきます。カラバリはサファイアブルー、アイスホワイトの2色を用意。Android Oneの特徴としては、プリインアプリが厳選されていることが挙げられるでしょう。

このため動作が軽快で、またAndroid OSのバージョンアップに即対応できるなどのメリットが考えられます。このほか、Android One X2にはHTC独自の「エッジ・センス」機能を盛り込みました。側面を握った圧力によって、特定のアプリや機能を起動させることが可能です。

なおTwitterのHTC公式アカウント(@HTCjapan)では、Xmasまでに2万フォロワーを達成できればSIMフリー版のHTC U11(ソーラーレッドモデル)を国内発売すると約束していましたが、このイベントが開催される直前に目標を達成。登壇したHTC NIPPON代表取締役社長の児島全克氏は「ひと足、早いXmasプレゼントになりました」と笑顔で報告し、ソーラーレッドモデルを発売できる喜びを口にしました。

●国内未発売のグローバル端末HTC U11+
○グローバル端末HTC U11+

このほか会場では、国内では発売予定のないHTC U11+のデモ機も触ることができました。Snapdragon 835 オクタコアを実装した6インチの端末で、HTC U11と同様にエッジ・センスを備えるほか、指紋認証などにも対応しています。

対応バンドの関係もあり国内投入は難しいとの話でしたが、その完成度の高さから、仮に日本でも発売されていれば人気モデルとなったに違いありません。

○HTCのデザインの秘密

このあと、会場ではHTC台湾本社から来日したデザイン部門のジョンソン・チャン氏が登壇。開発秘話を交えながら、デザインについて熱く語りました。同氏によれば、HTC U11のフォルムは金属と液体の融合をコンセプトにしたとのこと。またプリズムが光を分解するように、そして空に浮かぶシャボン玉のように、角度によって色味が変化するデザインに挑戦したと説明していました。

印象に残ったのが、スマートフォンのデザインを語る過程で、建築物を事例に出していたこと。「世界には色んなデザインがあります。例えばグッゲンハイム美術館。スペイン ビルバオに建てられた、この前衛的な建物は、工業地区に命を吹き込む存在として開館から20周年を迎えた現在も多くの人を感動させています」と話し、今後も情熱を燃やしてデザインに取り組んでいくと説明していました。他のメーカーにない独特のデザイン採用してきたHTC。次はどんな端末が発表されるのか、期待がふくらみます。

○2018年の秋冬モデルで欲しい機能は?

イベントでは最後に、ファンによるグループワークが行われました。お題は「2018年の秋冬モデルで欲しい機能」。ここでは、さらなるハイエンドカメラ、指紋がつきにくいガラスのデザイン、背面の着せかえパネル、ペン入力機能、スマートスピーカーの機能を盛り込むといったアイデアが寄せられていました。

会場に展示されていたレガシー製品のラインナップを見ても明らかなように、これまでさまざまな端末に挑戦してきたHTC。今後も特徴的な製品を投入してくれることでしょう。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス