最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

とろサーモン悲願のV『M-1』生観戦で目撃! OAにのらなかったあの審査員の涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●例年に増して熱気あふれる客席
3日にABC・テレビ朝日系で生放送され、とろサーモンが13代王者に輝いた『M-1グランプリ2017』。今回より新ルール「笑神籤(えみくじ)」が導入され、より波乱の展開となった熱戦の模様を、オンエアにはのらなかった出演者たちの表情もまじえて振り返る。

○"祭り"のムードを高めた「笑御籤」

今年の『M-1』には4,094組がエントリーし、まずは、厳しい予選を勝ち抜いた、かまいたち、ゆにばーす、マヂカルラブリー、さや香、ミキ、とろサーモン、和牛、ジャルジャル、カミナリ(以上、エントリー順)の9組が決勝進出を決めた。そのファイナリスト発表会見の席で明らかになった「笑神籤」とは、従来は事前に決まっていたネタの順番を、本番中のくじ引きによって決定していく前代未聞のシステム。ファイナリストたちは決勝戦のプレッシャーに加え、いつ出番を迎えるかわからない緊張にさらされることとなった。

審査員は、昨年に引き続いてジャッジを担当するオール巨人、松本人志、上沼恵美子、中川家・礼二、博多大吉の5人に、7年ぶり6回目となる渡辺正行、13年ぶり3回目の春風亭小朝を加えた7人。昨年はひりつくような緊迫感に包まれていた審査員席だが、今年は笑みもこぼれるなど余裕も見られた。その大きな理由の1つと思われるのが会場の雰囲気。展開が予想できない新ルールへの期待の高さからか、客席は例年にも増して熱気にあふれ、年に一度の笑いの"祭り"を楽しもうというムードに満ちていたのだ。

敗者復活戦で勝ち上がったスーパーマラドーナ=ABC提供

会場をさらに盛り上げたのが、新ルールにより今年から大会の冒頭に発表されることになった10組目のファイナリスト「敗者復活枠」。当日の敗者復活戦を制した昨年のファイナリスト・スーパーマラドーナが見事に勝ち上がり、武智が「俺が一番M-1のこと思ってんねん!」と勝利への意気込みをぶち上げると、客席の熱気はますます上昇した。
○勢いある若手たちが健闘

その興奮も覚めやらぬ中、いよいよ幕を開けたファーストラウンド。MCの今田耕司が引いた「笑神籤」でトップバッターに選ばれたのは、結成5年で初の決勝進出を決めた男女コンビ・ゆにばーす。1番手のプレッシャーをものともせず、はらの自由奔放なボケで爆笑をかっさらった2人は、「5年目でこの舞台、しかも急に出番といわれてワンミスもないとは…」とうなる大吉をはじめ審査員たちに高い評価を受け、700点満点中「626点」の高得点をマークした。続くカミナリも、昨年の決勝でも好評だった"どつき漫才"をブラッシュアップさせたネタで「618点」を獲得。いずれも勢いある若手が健闘を見せた。

3組目に登場したのは、11回目の『M-1』挑戦にして、初めて決勝進出を決めたとろサーモン。個性派キャラの久保田かずのぶが、すかすようなボケでツッコミの村田秀亮を翻弄する漫才を、審査員の渡辺は「力が入るラストイヤーで、これだけ軽くサラッと漫才ができてふざけられる。素晴らしいです!」と絶賛。7人の審査員のうち6人が90点台を叩き出し、「645点」でトップに立った2人が、満面の笑みでハイタッチを交わす姿が印象的だった。

●放送終了後に目元をぬぐう松本人志
○得点発表の瞬間に見せた芸人たちの表情

だがここから、そんな彼らを脅かす強敵たちが波乱を起こし始める。4番目に登場したスーパーマラドーナが昨年のリベンジをかけた熱演で、わずか5点差に迫る「640点」を叩き出せば、続く今年の『キングオブコント』覇者・かまいたちも、くしくも同点の「640点」をマーク。さらに、決勝初出場の若手実力派兄弟コンビ・ミキが「650点」を獲得してとろサーモンから1位の座を奪い去り、次に登場した今大会の大本命・和牛がこれを上回る「653点」で一気にトップに躍り出る大混戦となった。

ラストに登場したのは、決勝進出3回目のジャルジャル。彼らの真骨頂である"言葉遊び"を極限まで磨き上げた斬新なネタで勝負をかけ、「636点」と惜しくもトップ3には残れなかったものの、松本は「俺は一番好きなネタ」と高評価。大会後の会見でとろサーモンが語ったところによれば、ジャルジャルのネタ中、久保田は抜かれまいかと不安でたまらず、「ずっと貧乏ゆすりをしていた」という。

そんな大波乱のファーストラウンド後半を熱く盛り上げたファイナリストたちの表情もさまざま。得点発表の瞬間、すっと背筋を正し、点数が表示されるスクリーンをしっかりと見据えた和牛の川西賢志郎、得点がトップ3に及ばないと知るや、頭をかきむしって悔しさを露わにしたジャルジャルの福徳秀介と、負けられない真剣勝負に臨む芸人たちの並々ならぬ意気込みが見て取れた。
○「憎んでいた」時期もあった

熾烈を極めた激戦の末に、最終決戦に駒を進めたのは、和牛、ミキ、とろサーモンの3組。そのトップに登場したとろサーモンは、奇妙なシチュエーションを飄々と演じ切る彼らの魅力を存分に見せつけ、見事に王者の座を獲得した。

会見では、9回も準決勝に進出しながらも、なかなか決勝への切符を手に出できなかった『M-1』を「憎んでいた」時期もあったと語った久保田。優勝を決めた瞬間、思わずメガネを外して涙を拭う久保田に、上沼と渡辺がもらい泣きするシーンが感動を呼んだが、放送終了直後には、しきりに目元をぬぐう松本の姿も…。苦難の果てについに栄光を手にし、審査員までも泣かせたとろサーモンの今後の活躍に期待したい。

■『M-1グランプリ2017』決勝戦・結果

●ファーストラウンド
1.ゆにばーす:626点(オール巨人89点、渡辺正行87点、中川家礼二90点、春風亭小朝91点、博多大吉92点、松本人志87点、上沼恵美子90点)

2.カミナリ:618点(オール巨人87点、渡辺正行86点、中川家礼二89点、春風亭小朝90点、博多大吉91点、松本人志85点、上沼恵美子90点)

3.とろサーモン:645点(オール巨人88点、渡辺正行93点、中川家礼二93点、春風亭小朝93点、博多大吉93点、松本人志92点、上沼恵美子93点)

4.スーパーマラドーナ:640点(オール巨人94点、渡辺正行91点、中川家礼二92点、春風亭小朝91点、博多大吉93点、松本人志90点、上沼恵美子89点)

5.かまいたち:640点(オール巨人95点、渡辺正行89点、中川家礼二94点、春風亭小朝90点、博多大吉92点、松本人志91点、上沼恵美子89点)

6.マヂカルラブリー:607点(オール巨人86点、渡辺正行89点、中川家礼二88点、春風亭小朝89点、博多大吉88点、松本人志84点、上沼恵美子83点)

7.さや香:628点(オール巨人87点、渡辺正行91点、中川家礼二90点、春風亭小朝90点、博多大吉90点、松本人志90点、上沼恵美子90点)

8.ミキ:650点(オール巨人93点、渡辺正行94点、中川家礼二91点、春風亭小朝92点、博多大吉91点、松本人志94点、上沼恵美子95点)

9.和牛:653点(オール巨人92点、渡辺正行92点、中川家礼二93点、春風亭小朝94点、博多大吉94点、松本人志93点、上沼恵美子95点)

10.ジャルジャル:636点(オール巨人93点、渡辺正行88点、中川家礼二89点、春風亭小朝90点、博多大吉91点、松本人志95点、上沼恵美子90点)

●最終決戦
1.とろサーモン:4票(渡辺正行、中川家・礼二、春風亭小朝、博多大吉)
2.ミキ:0票
3.和牛:3票(オール巨人、松本人志、上沼恵美子)

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス