最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【新車】レクサスRC/RC Fが一部改良。予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準化し、安全性を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月30日、レクサスのミドルサイズクーペであるレクサスRC、RC Fが一部改良を受けました。2014年に投入されたRCは、レクサスLCが出るまでスポーティなスタイリングや走りなどで同ブランドのスポーティかつスタイリッシュなイメージを牽引してきた1台。

さらにRC Fは、RCをベースに高出力エンジンやトランスミッション、サスペンション、空力パーツといった数多くの専用装備が採用されていて、パフォーマンスを追求した「Fモデル」の高性能クーペとして、レクサスのスポーツイメージのリード役になっています。

今回の一部改良では、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」が標準装備化されたのがトピックス。

同安全パッケージは、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」(LDA/Lane Departure Alert)、歩行者や自転車などの早期発見に効果を発揮するロー/ハイビームの自動切替機能である「オートマチックハイビーム」(AHB/Automatic High Beam)、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで、一定の車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」からなっています。

ほかにも、ナビディスプレイが10.3インチに拡大され、視認性を向上。さらに、ドライブモードセレクトに「CUSTOM」モードが新設定され、パワートレーンやシャシー、空調の各制御の組み合わせが自由に選択できることで、ドライバーの嗜好に応じた走りに対応。

また、RCの「RC350」に3.5Lエンジンの「2GR-FKS」が採用され、従来の力強く爽快な走りはそのままに燃費を向上。また、レクサスのターボエンジン搭載ラインアップ充実により、グレード名が「RC200t」から「RC300」に変更されています。

さらにRC Fには、ブラインドスポットモニター(BSM/ Blind Spot Monitor)とリヤクロストラフィックアラート(RCTA/ Rear Cross Traffic Alert)が標準設定されています。

ボディカラーは、新採用の「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」を含む全8色を用意。価格はRCが5,300,000円~6,902,000円。「RC F」が9,824,000円、「RC F Carbon Exterior package」が10,594,000円です。

(塚田勝弘)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス