最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

映画「スター・ウォーズ」でマーク・ハミルが監督に直談判した“衝撃”のアイデアとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月15日(金)に公開される映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、全米興行収入ランキング歴代No.1、日本でも興行収入116億円の大ヒットを記録した「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の“その後”を描いたシリーズ最新作だ。

その「フォースの覚醒」の衝撃のラストシーンに登場した、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)には、あるアイデアがあったという。

「フォースの覚醒」は、主人公のレイがキュートなドロイドBB-8と出会って冒険に巻き込まれていくさまを描き、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探すという物語だが、ルークの居場所を指す地図を持つBB-8がファースト・オーダーから狙われたり、フォースが覚醒したレイがカイロ・レンと死闘を繰り広げたりと、ルークの出番がないまま終わってしまうと思わせる展開が続いた。

だが、レイが惑星オクトーにたどり着いた時、ファンが待ち望んでいたルークが約30年ぶりに登場し、ラストシーンでルークが現れファンの心にも残っている。そんな伝説的なラストシーンにマーク・ハミルが物申したいという! マークは「スター・ウォーズ」の第1作目から約40年にわたってルークを演じているが、ルークがラストシーンで登場すると知った時は大きな衝撃を受けたといい、「もしも選択の余地があったとすれば、僕ならルークは違う登場の仕方をさせただろうね」という。

マークが思い付いたのは、ハン・ソロが息子カイロ・レンに殺されるシーンにルークを登場させるというアイデアだ。

「例えば、ハン・ソロの危険を感じたレイアがルークとコンタクトを取ろうとする。でもそれがうまくいかず、レイアが自ら出向くことにするんだ。それでレイアができる限り頑張るけど、死んでしまうかもしれないという時、バーン! とルークがやって来て敵を吹き飛ばすってわけ。2人そろってハン・ソロがカイロ・レンと対峙して向かうけれど、手遅れだったという感じだね」と少年のように目を輝かせる。

だが、それでは中盤でルークが登場することになり、“ルーク・スカイウォーカーを探す”というストーリーの軸が崩れてしまう…。

マークはそのアイデアを、撮影現場で前作のJ.J.エイブラムス監督や本作のライアン・ジョンソン監督に話していたという。

「J.J.とライアンに『僕は面白くない話なら本当にたくさんアイデアとして持っている。もしかしたら、そんな何千というつまらない話の中に、何かあなたたちでも気に入るものがあるかもしれない』って言ったんだ。でも僕の仕事は物語を作ることじゃないよね。脚本を自分なりに解釈するということが、僕のできる最大限のことなんだ」と、あくまで監督の意志を尊重している。

もちろん監督たちはアイデアを面白がっていたが、マークはルークの登場シーンについて「J.J.にも言ったけど、僕は自分が間違っていたことを心の底から喜んでいるよ」と、今ではラストシーンを気に入っているよう。

そんな衝撃のラストから始まる本作について、「『フォースの覚醒』から直接つながっているから、あの最後の場面が『最後のジェダイ』で皆さんが最初に見るルークの姿ということになるね。レイが彼にライトセーバーを差し出し、彼はただずっと彼女を見つめているんだ」と明かす。

フォースを覚醒させたレイとダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?

多くのファンが待ち望む今作、どんな展開になるのか見逃せない!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129832/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス