最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

あの人気ブロガー、税金逃れが発覚…アフィリエイトで月収80万円、確定申告せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな税務署は「芝税務署」です。

国税局で税務調査に従事する職員のなかには、専門的な調査のみを担当している調査官がいます。国際税務専門官、開発特別調査官、銀行調査の情報から資料を作成する機動、IT取引に関する調査を専門に扱う情報技術専門官などで、規模の大きい税務署に配属されています。今回は近年、国税局が特に力を入れて税務調査を行っているインターネットを用いた取引、それを調査する情報技術専門官について、その調査手法や調査の多い業種を中心に解説します。

情報技術専門官は、すべての税務署にいるわけではありません。規模の大きい税務署に籍を置き、管轄の異なるエリアで調査をするときは、そのエリアの税務署と連携して調査を行います。情報技術専門官には、情報技術専門官付きの上席国税調査官や調査官がいて、2人で調査を行います。基本的に、準備調査や調査結果のまとめなどは、この「付き」が行うことになります。よって、籍を置く税務署と管轄の異なるエリアに調査を行う場合は、そのエリアの調査官が同行して、3人以上で臨場することもあります。

税務調査を受ける側は、調査側の人数が増えれば増えるほど、ミスや所得隠しを見つけられやすくなりますし、心理的ストレスも高まります。では、どんな場合に情報技術専門官の調査の対象となるのでしょうか。

・規模が大きく、社内独自のネットワークシステムが構築されている。
・電子商取引(電子的な情報通信によって商品やサービスを売買したり分配したりする取引。「eコマース」とも呼ばれる。ネットショッピングもこれに該当する)が多い。
・膨大なデータの収集が必要

基本的に、調査先に臨場し、調査対象者のパソコンを確認することで調査を進めていきます。棚卸しなどの膨大なデータを管理するファイルの削除履歴、役員給与などに関する議事録の作成日、取引先や社内の取引担当者とのメールの履歴などを確認し、不正の端緒とします。

また、インターネット取引を行う事業者は、会社員として本業を持っている場合や余暇を利用した主婦の方が多く、そもそも確定申告を怠る「無申告」であることが少なくありません。そのような無申告者を発見し、取引データなどの証拠を集めてから調査を行うのも、情報技術専門官の仕事です。

●アフィリエイトで月収80万円

実際にあった調査事例を紹介します。

レストランで食事をし、店内の様子や味、メニュー、接客のレベルをブログに掲載する30代の女性ブロガーの例です。彼女のブログには1日に約1万人のアクセスがあり、アフィリエイト(ブログやホームページに企業の広告を載せて収入を得る方法)で月80万円の収入がありました。ブログのランキングから情報技術専門官の目にとまり、確定申告の状況を確認すると、過去5年ずっと無申告でした。

顧問税理士はいないので、直接、電話で調査の連絡をし、1週間後に臨場。ブログによる収入があるのではないかと質問したところ「あたし主婦ですよ、そんな収入あるわけないじゃないですか」とシラを切り続けたため、事前に用意していたブログの運営サイトからの支払履歴、預金口座のコピーを見せました。さすがに観念したようで、申告義務があるとは知らなかったと言い訳をして、確定申告に応じました。夫の扶養になっていたので、夫の配偶者控除も遡って否認し、夫婦揃って納税することとなりました。

所得税法では、年間20万円以上の所得があれば、確定申告が必要とされています。この主婦はほかに収入がありませんでしたが、会社員の方で、会社からの給与以外に20万円以上の所得があれば確定申告が必要です。所得とは、収入から経費を引いたものなので、インターネット取引で得た収入から、インターネット取引で使ったお金(パソコンの購入費用や材料費、レストランでの食事代)を差し引いた金額が所得となります。

確定申告は、平日に税務著に行けない場合でも、自宅のパソコンで確定申告書を作成し、郵送で提出ができます。パソコンがなくても、スマートフォンでも作成できます。「税務署に行く時間がなかった」と言い訳しても、見逃してもらえない環境が構築されていますので、期限を守って申告するようにしましょう。
(文=さんきゅう倉田/元国税職員、お笑い芸人)

●さんきゅう倉田
 大学卒業後、国税専門官試験を受けて合格し国税庁職員として東京国税局に入庁。法人税の調査などを行った。退職後、NSC東京校に入学し、現在お笑い芸人として活躍中。

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス