最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

脱・マンネリデート!彼とムード満点なデートするために彼女ができること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今年も残すところあと少し。年末が近づくにつれ、カップルの一大イベント、クリスマスが迫ってきました。彼と過ごすクリスマスの予定を組み始めた人も多いのでは?

せっかくのクリスマスデート、普段以上にムード満点なラブラブデートを楽しみたいですよね。しかし、「最近、デートがなんだかマンネリ気味かも…」というカップルや、「デートの盛り上げ方がわからない」という声がチラホラ。

彼のとのラブラブムードを盛り上げるには、ふたりの間にいつもよりも「恋愛のロマンチックさ」が必要。女性として大事に扱って、エスコートしてほしい。そう思うのなら、ポイントは、彼女であるあなたが「彼を一人の男として扱う」ことにあるのです!では、具体的に何をどうすればいいのでしょうか?

■1.ふたりの間にバッグを挟まない
「デートの最中に彼と自分の間にバッグがきたら、必ず外側に持ちかえるようにしてます。そうしたら、手を繋いでくれる率があがりました!」(21歳/女性/大学生)

彼と隣に並んで歩くとき、バッグや手荷物がふたりの間にくることってありますよね。いちいち持ちかえるのは面倒かもしれませんが、そのままにしていては持ち物ひとつぶん彼と距離が空いたままになってしまいます。

せっかくのデートですから、カップルらしく彼との距離を近くしてみて。彼に「荷物持ちかえてくれてるんだ」と気付いてもらえれば、心の距離も自然に近づくはずですよ。

■2.お会計のお金は外で渡す
「何となくだけど、店員さんの見えるところで彼女とお金のやり取りはしたくない。もちろんワリカンしてくれるほうが嬉しいんですけどね(笑)あとでこっそり渡してくれたりすると、最高です」(27歳/男性/フィットネスインストラクター)

奢りはもちろん、例えワリカンでも「会計は男が支払いたい」という思いを抱く男性は少なくありません。たしかに、男女ふたり組で女性が支払いをしていたら「仲のいい友人」や「仕事仲間」に見えてしまうかもしれませんよね。

お金のやりとりをするには、ふたりきりの場面がベスト。「支払い」という場面を彼に預けることで、デートらしさが増してくるでしょう。ぜひ、お支払いのときは意識してみてくださいね!

■3.エスコートさせる
「車道側を歩いたり、エスカレーターで彼女の下に立ったり、小さなことでも俺がするエスコートに気づいてくれると嬉しい。逆にそういう彼女扱いに気づいてもらえなかったり、遠慮されると、地味に傷つきます…」(22歳/男性/大学生)

カップルのなかには、彼氏が一所懸命デートをデートらしくしているのに、彼女がそれに気づいていない…というパターンも。特に男性のエスコートに気づけず、彼の気遣いをスルーしてしまう女性が少なくありません。

実は、“スムーズにエスコートされること”ってデートのムード作りにとって超重要!「え?なんで歩く位置変わったの?」なんてボーっとしていちゃいけません。彼の気遣い・エスコートに気づいたら、「ありがとう」と思いっきり感謝しましょうね!

■4.笑顔を心がける
「毎回俺なりに彼女を楽しませられるようなデートを考えてるつもりなんですよね。それなのに、彼女に仏頂面されるとこっちもテンション下がるので、やっぱりデートを積極的に楽しんでほしいし、笑顔でいてほしい」(24歳/男性/営業)

長年一緒にいる彼とだから、「一緒にいて安心する」という感覚になっている人も多いでしょう。安心し合える関係って非常に素敵ですが、デートの最中に笑顔を忘れていませんか?

どれだけ一緒に過ごしていても、やはり自分は自分で彼は彼。自分の気持ちはきちんと表現しないと、彼にはうまく伝わりません。「あなたとデートできて楽しいよ!」という気持ちを、言葉はもちろん笑顔で伝えることで、ふたりのムードはぐっと高まるはずですよ♡

■おわりに
どれもこれも些細なことばかりですが、だからこそつい気を抜いてしまい、できていないことが多いのです。

少しの気付きと意識さえあれば、ロマンチックな雰囲気って、すぐに出るものです。デートで「彼を一人の男として扱う」ことで、彼も「彼女を一人の女性として扱う」雰囲気に持ち込みましょう!

恋人の温もりが恋しくなるこの季節。ムード満点なラブラブデートを楽しんでくださいね♡(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス