最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小栗旬 父・小栗哲家氏と“初共演”「1万人の第九」で朗読ゲスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の小栗旬(34)が3日、大阪城ホールで開かれた「第35回サントリー1万人の第九」(本社後援)に朗読ゲストとして参加し、演出を手掛ける父・小栗哲家氏(68)と“初共演”を果たした。

 第九の演奏前に行われる、第4楽章の歌詞の基となったシラーの詩「歓喜に寄せて」の日本語訳を暗唱。小栗は朗読というより舞台仕込みの演技力で4分間、語り手になりきり熱演した。「とても楽しかったです。高ぶりました。少しでも詩の意味を届けていられたら幸いです」と話した。

 1万人の大合唱には、「素晴らしかったです。とてつもないエネルギーでした。みなさんがここに向かってきた成果が出てました。しびれました!」と感激した。同公演で父・哲家氏は、99年に故山本直純さんに代わり総監督・指揮に就任した佐渡裕氏(56)から指名され演出家を務めている。今回、直接絡む事はあまりなかったようだが、父の現場を体感し「とても偉大な仕事をしているんだなとあらためて思った」と語った。

 関係者によると、哲家氏は朗読時、アリーナ最後方の中央扉前で腕を組んで見守り、大役を終えた息子に誰よりも早く拍手を送っていたという。

 佐渡氏は朗読について、「素晴らしかった。小栗旬という人はすごいと思った。心を動かされた」と絶賛。哲家氏とは自身が19歳のころから仕事をする仲で、「小栗君が小学生のころかな、役者を目指しているという話は(哲家氏から)聞いていたが、ここまで有名になるとは」と驚き、「旬君との初対面は2、3年前」と話した。この日の哲家氏の様子について、「普通に仕事をしているのを装っていたがすごくうれしかったでしょうね」と明かし、「旬君の兄も舞台スタッフでいてくれたので家族総出でしたよ」と笑顔だった。

 当日の模様はTBS、MBSテレビなど全国7局ネットで12月23日午後2時放送。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス