最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大学生のサークル内恋愛で気をつけるべきことは? 経験者が語るポイントTop9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大学生に多い恋愛のかたちのひとつがサークル内恋愛。「気の合う仲間と一緒に、自分の好きなことをやりたい」「大学生活のうちにできるだけ多くの友達と出会って、視野を広げたい」……大学生がサークルに入る理由は人それぞれですが、特にサークルに期待する動機としてあげられやすいのが「仲間との出会い」。あわせてひそかに期待されがちなのが、素敵な異性との出会いです。大学時代のサークルで運命の出会いを果たし、交際を経て結婚する人も多いですよね。ただ、実はサークル内恋愛には意外な落とし穴もあるようです。今回は現役大学生のみなさんに、今だから言える「サークル内恋愛で気をつけるべきこと」について聞いてみました。

<大学生のサークル内恋愛1.サークル内恋愛経験者は約4割>

■サークル内恋愛を経験したことはありますか?



はい 194人(42.1%)
いいえ 267人(57.9%)

まず、大学生の「サークル内恋愛経験者の割合」について見てみましょう。サークルに所属した経験がある現役大学生461名を対象としたアンケートの結果、「サークル内恋愛を経験したことがある」と答えた人は全体の約4割でした。ざっくりとした計算ではありますが、サークルに属した大学生の約半数近くはサークル内恋愛を経験していることになります。

<大学生のサークル内恋愛2.付き合ったきっかけは?>

■付き合ったきっかけや楽しかったこと、つらかったことをこっそり教えて!

では「サークル内恋愛のなれそめ」とは、一体どのようなものなのでしょうか。アンケートのコメントの一部をご紹介しましょう。

「自分が2年で1つ上の先輩。サークルも専攻も一緒で、専攻発表会の伴奏を任され、一緒に練習や本番を繰り返すうちに仲良くなった(女性/19歳/大学2年生)」
「やってることが同じで意気投合するので、そこから付き合う事象に発展する(男性/21歳/大学3年生)」

コメントを見ると、やはり趣味やフィーリングが合って交際がスタートする場合が多いようです。サークルで顔を会わせる機会が多いのも、恋に落ちやすい要因のひとつなのかもしれません。

しかし一方で、寄せられた回答にかなりの頻度で登場したキーワードがあります。それは「嫉妬」の二文字。「サークルでいつも一緒に帰ることができるのは楽しかったが、他の男子と仲良くしていると嫉妬してしまうのが大変だった(男性/20歳/大学2年生)」など、いつも相手の行動が見えるがゆえの嫉妬心に悩んだという意見が多く寄せられました。

このようにサークル内恋愛には、いつも一緒にいられる楽しさと、近すぎるために感じてしまうつらさがあるようです。では、実際にサークル内恋愛をする時には、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

<大学生のサークル内恋愛3.サークル内恋愛で気をつけるべきポイントは?>

■サークル内恋愛をするときに、気をつけるべきだと思うことを教えてください。



1位 別れても気まずくならないようにする 269人(26.7%)
2位 サークル活動に恋愛を持ち込み過ぎない(きちんと活動に打ち込む) 216人(21.5%)
3位 喧嘩をしてもサークル内に持ち込まない 150人(14.9%)
4位 サークル内の友人に恋人のノロケや愚痴を言い過ぎない 64人(6.4%)
5位 付き合っていることを周囲に隠す 55人(5.5%)
6位 付き合っていることを周囲に話す 54人(5.4%)
7位 別れた後、サークル内で別の誰かと付き合わない 49人(4.9%)
8位 彼氏・彼女以外の同じサークルの異性と仲良くしすぎない 48人(4.8%)
9位 異性の友人や元カレ・元カノに嫉妬しない 35人(3.5%)

ランキング堂々の1位は、「別れても気まずくならないようにする」でした。サークル内恋愛は好きな人と毎日一緒にいられるところが魅力ですが、別れてしまえば一転、元恋人と毎日顔をあわせることになります。中には「サークル内に2組カップルができたが、両方とも嫌な別れ方をしてサークル全体が崩壊した(男性/21歳/大学3年生)」という、悲惨な結末を迎えたサークルも……。仲間の活動を邪魔しないためにも、できるだけ手ひどい別れ方はしないように気をつけたいですね。

■サークル内恋愛が失敗すると、サークル自体の雰囲気が険悪になることも!

また、サークル活動と恋愛はしっかり分けることも重要といえそうです。たとえばサークル活動中は、あまり恋人同士の世界に入りすぎないことがポイント。「周りの人たちは、サークルを頑張ろうとしてるのに、そのカップル二人だけイチャイチャしてたり、喧嘩してギスギスしてたりすると、周りの人たちにも迷惑になって、サークルのチーム一丸というのができなくなる(女性/19歳/大学2年生)」というコメントにもあるように、サークル活動をおろそかにしすぎると周りから迷惑がられてしまいます。

加えて、もしサークル内恋愛で別れてしまった場合は、元恋人の愚痴を言い過ぎないほうがいいという意見も寄せられました。

「別れた相手の悪口などを言っているのを聞いてもどうしたらよいか分からないし、相手のその後の恋愛もうまくいかなくなってしまう(女性/20歳/大学2年生)」
「いがみ合われるとめんどくさい(男性/21歳/大学3年生)」

みんなで気持ちよくサークル活動を行うためにも、仲間と恋人、両方を大事にしたいですね。

今回のまとめ:サークル内恋愛をする時は「公私」をわけることが大切

ポイント1.サークル内恋愛経験者は約4割
ポイント2.気をつけるべきポイントは「別れても気まずくならない」こと



サークル内恋愛はいつでも好きな人と一緒にいられるメリットがありますが、恋人ばかり見ていると仲間から愛想をつかされてしまいます。恋愛は恋愛、サークルはサークルと、きちんと公私をわけて日々を過ごせば、万が一別れてしまった時でも傷は浅く済みそうです。中にはサークルに恋愛をできるだけ持ち込まないために、付き合っている事実を隠すカップルも多いのだとか。もしサークル内恋愛をする際は、仲間のノリや雰囲気も考えたうえで、二人にとってベストな選択をしてみてくださいね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年10月
調査人数:大学生男女1006人(男性504人、女性502人)

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス