最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【工場見学】Qooにも会える!大人も子供も楽しめる「コカ・コーラ」京都工場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コカ・コーラ社の歴代商品などが並ぶタイムトンネルや製造工程が見学できるファクトリーツアーが大好評。立体映像やスタンプラリーなど子供が喜ぶ工夫がいたる所にあり、楽しくコカ・コーラについて学ぶことができる。いろいろなドリンクが試飲できるのもうれしい。<※情報は関西ファミリーウォーカー冬号より>

■ 見学ルートをチェック!

炭酸をイメージしたウォータースクリーンがお出迎え。コカ・コーラのロゴの前でまずは記念写真を一枚。

ここでスクリーンを見ながら試飲できる。この機会にコカ・コーラ社製品のいろんな味をチェックしてみよう。

スクリーンに映し出される3D映像でコカ・コーラについて楽しく学べる。思わず手を伸ばす子供の姿も。

タイムトンネルではひと目でコカ・コーラの歴史がわかる。過去の製品やコラボグッズがズラリ。

ファクトリービューで製造ラインをチェック。大量に流れてくる製品の多さに思わずびっくりすること間違いなし。

ここにはQooと遊べるブースや海外の自販機などを展示、私たちがよく目にする自販機の内部が見られるコーナーがある。

「大人も子供もなるほどと思えるコンテンツがいっぱい。豆知識が詰まった工場で目指せコカ・コーラ博士」と、ツアーガイドの和田麻衣さん。

■ 見どころはココ!

<Q.コカ・コーラはいつからあるの?>

<A.アトランタで1886年に誕生>

アメリカのジョージア州アトランタで生まれた。薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が独特の甘い香りがするシロップを作ったのがきっかけだとか。ボトルが緑なのはアトランタが緑豊かな土地だから。

<Q.世界中のどこで飲んでも同じ味?>

<A.精密な機械で細かく調整する>

シロップの調合はもちろんのこと、水処理装置により現地で手に入る水を同じ基準で処理することで、世界中どこで飲んでも同じ味を作り出す。水や原液シロップを混ぜている「調合タンク」。

<Q.コカ・コーラとサンタの関係は?>

<A.キャンペーンでイメージが定着>

妖精や小鬼など曖昧なイメージだったサンタクロースが、コカ・コーラ社の広告によって、赤い服を着た白ひげおじいさんのイメージが定着した。チャレンジゾーンでは、サンタクロースが描かれたコカ・コーラグッズを展示。

チャレンジゾーンでは、子供たちに人気のQooがお待ちかね。ハイテンションで記念撮影しよう!

昔懐かしい自販機もいっぱい。実際に販売しているものもあるので要チェック。

見学通路にはいくつかベンチが設置されており、休憩しながら機械が動いている様子が見られる。

自分で注いで試飲できるウェルカムゾーンは人気スポット。普段飲まないドリンクに挑戦したり、混ぜて楽しむのもあり!

■ オリジナルグッズも!

1階のショップコーナーではコカ・コーラのオリジナルグッズを販売。商品と同じデザインの文房具やキャラグッズも豊富。

大人気のQooグッズもいっぱい。中は真っ白の自由帳タイプ(200円)。

人気のコカ・コーラデザインの折りたたみ定規(270円)。Qooデザインのオレンジ色の定規もキュート。

多種多彩なえんぴつ(各60円)はお手ごろ価格なのにもらってうれしいデザイン。

コカ・コーラの缶を横に並べたような外観。細かい所にこだわったデザインを行って確かめて。

■工場見学DATA/見学可能人数:2~50人(51人以上要相談) 見学可能時間:10:00~、12:30~、14:30~ 休み:月曜(祝日、第1月曜、振替休日の場合開館) ※ほか臨時休館日あり 所要時間:90分 予約方法:HPで予約状況を確認後、電話で申込。受付は9:30~11:30、12:30~17:00 年齢制限:なし おみやげ:なし 注意事項:工場見学は無料だが、グッズ、プリクラ、ボトル自販機は有料

■コカ・コーラ ボトラーズジャパン 京都工場<住所:久世郡久御山町田井新荒見128 電話:0774-43-5522 トイレ:2か所 ※ベビーベッドはトイレ前に設置 授乳室:あり 救護室:なし 飲食物の持込:不可 飲食施設:なし ベビーカー:可 アクセス:京滋バイパス久御山ICより10分、または大久保駅より京阪バス京阪中書島行、中書島駅より京阪バス近鉄大久保行15~20分 バス停新タマキからすぐ 入場料:無料 駐車場:無料(19台)>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/129309/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス