最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

芸人・ももちが書籍を出版、息子の「障がい」を公にした理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑い芸人の“ももち”こと、柏崎桃子が2日のアメブロにて自身の出版する書籍について言及した。ももちは、12月6日に発達障害の息子を育てた自身の経験に基づく育児本『どすこい!!ももち日和』を発売する。


ももちオフィシャルブログより

本作では、18歳という若さで出産し、今年20歳になる息子・琢磨さんの成長スピードの遅さから知的障害が発覚したことや、育児に行き詰まる母とそれに苦悩する息子の様子が描かれている。1つ前のブログでは、本が完成し、一冊一冊にサインとイラストを書いている様子を写真とともに公開していた。芸能界に入ったのは、自分の経験を世間に発信したかったからだというももち。

「育児トークを書くにあたり、息子にも話をしました。書かれたら嫌なんじゃないか…そう思っていましたが答えは全く違い 『いいよ!それで理解してくれる人が増えるなら書いて。』でした。 私たち親子にとって『障がい』は決して特別な事ではなく、それが当事者の【当たり前】と思い生きてきました。 隠すこととオープンにすること、どちらが本人の為になるのか… 私たち親子はオープンにすることを選びました」

と、「障がい」を公にする理由をつづった。そして、この本を通して同じような悩みを抱える家族が笑顔で前に進んで欲しいと締めくくった。

ももちは、24歳で離婚し、26歳のときヘルパー2級の資格をとり、3年後から現在に至るまで介護福祉士として働いている。自身の勤める施設に、ものまねタレント・坂本冬休みが東日本震災後の慰問に来たことが芸人を目指すきっかけになったという。2014年に上京してからは、芸人としてバラエティ番組を中心に活躍している。


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス