最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『陸王』松岡修造が今夜から出演 「演技できるの?」と視聴者驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供:(C)TBS『陸王』)

今夜、TBS系ドラマ『日曜劇場 陸王』の第7話が放送される。親と子の物語、挫折したランナーの復活、中小企業vs大企業……などなど、さまざまな要素が上手に盛り込まれ、ヒット中の本作。

今夜の見所を見ていこう。

■これまでの『陸王』


本作は埼玉県行田市で100年以上続きながらも倒産の危機に瀕している足袋業者「こはぜ屋」が、復活をかけてオリジナルランニングシューズ「陸王」の開発に挑む物語。主人公の宮沢紘一を役所広司が演じている。

まったくノウハウのない状態からスタートした足袋作りは、正岡あけみ(阿川佐和子)ら職人の技術と、飯山(寺尾聰)が開発した特殊素材「シルクレイ」のソールへの導入で、少しずつ理想に近づいている状況。

宮沢の熱意は周囲に波及し、シューフィッターの村野(市川右團次)や埼玉中央銀行行田支店の銀行員・大橋(馬場徹)など、当初はライバル企業にいたり、敵対関係にあった人物も巻き込んでいくことに。

しかし、「タチバナラッセル」に裏切られ、アトランティス社にアッパー素材を奪われるという新たな苦難も。

■大地がアッパー素材探しに奔走!


公式サイトから第7話のあらすじをチェックすると……

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。

アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。

茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!

もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?

過去に「シルクレイ」を「こはぜ屋」に紹介、今ではすっかり仲間となった飯山を宮沢と引き合わせた坂本が、またしても重要な提案をするようだ。

松岡修造がまさかの登場!




そんな第7話、驚くべき人物が登場する。元プロテニスプレイヤーとして知られる日本一熱い男・松岡修造だ。

公式の発表によると、彼が演じるのはアメリカに本社を持つ巨大アパレルメーカー『フェリックス』の社長・御園丈治。

礼儀正しく真っすぐな熱い男である一方で、ビジネスに対しては冷静に分析する敏腕社長という役どころのよう。

先週放送の第6話本編終了後、予告動画に彼が登場すると、ネット上では驚きの声が相次ぐことに。









これまでにも、阿川佐和子や鳥居みゆきなど、意表を突くキャスティングが見られてきた本作。まさかここにきてこれほどの驚きがあるとは……。

演技面に不安を覚える人も一定数見られるものの、それ以上に期待の声が多いようだ。

■松岡修造に説教されたい20代は2割


なお、しらべぇ編集部では以前、「松岡修造に説教されたいと思う?」というテーマで調査を実施済み。その結果……

・20代:20.7%

・30代:14.0%

・40代:16.0%

・50代:10.0%

・60代:3.3%

の人が該当することがわかった。

熱い男が熱い物語に加入することで、どんな化学反応が生まれるのか? 楽しみに見守りたい。

《これまでに配信した『陸王』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『陸王』新婚・和田正人が激走! 入浴シーンでは意外な「モザイク役」も

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年9月19日(金)~9月22日(月)
対象:全国20代~60代の男女計1500名

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス