最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ヘンリー王子&メーガン・マークルの公務、評判は上々 しかし婚約に不満の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ようやく婚約を成立させた英ヘンリー王子メーガン・マークルが、このたび初公務をこなした。メーガンはヘンリー王子と仲良くノッティンガムの人々に挨拶し、気さくに声をかけるなどして「なんて素敵な人なの!」と大絶賛されている。

このほどヘンリー王子とメーガン・マークルが「世界エイズデー」に関連したイベントに出席した。それを前にノッティンガムの通りを王子と仲良く歩いたメーガンは、大勢の人々に「ハーイ、メーガンです」と愛想良く自己紹介し笑顔で「すごく嬉しい。ここに居ることができて、本当にワクワクしちゃう」と述べる一幕も。この日は「メーガンを一目見たい!」と午前6時から現地で待っていた人々もおり、その甲斐あってメーガンに会えた人々はメディアにこう話している。

「(もうじき3歳になる息子のため)体をかがめて『(寒いのに)強いね』と声をかけてくださったんです。」

「私の手をとると、『寒い中来ていただいて本当に嬉しいです』と言ってくださいました。」

またメーガンはある女性と言葉を交わし、そのアクセントから「自分と同じカリフォルニアの出身だ!」と気付いたとのこと。現在20歳のこの女性に対し、メーガンはこのように言葉をかけたという。

「すごく嬉しいわ、私と同じくカリフォルニア出身の人に会えるなんて!」

そしてメーガンは女性に対し英国に滞在している理由を尋ね、「イギリス暮らしを楽しんでいる?」などと聞いてきたそうだ。

「とても優しい人でした。(初の公務で)本当はひどく緊張していたでしょうに、そんなそぶりも見せなかったんです。」

さらにメーガンは通りの人々に「お名前は?」などと声をかけたほか、子供連れのママグループにも声をかけられると可愛い子ども達に対し「ありがとう! 何歳なの?」などと問う場面もあった。また王室のルールは確実に学んでいるらしく、多くの人々に「一緒にぜひセルフィーを!」とリクエストされたものの「それは許可されていないんです」と丁寧に断っていた。

しかしながら、世間には2人の婚約を快く思っていない人達もいるのだそう。その理由について、『www.vox.com』は以下の点を挙げている。

■メーガンの血筋と離婚歴

メーガンの母は黒人で、父は白人。両親は離婚しておりメーガン本人にも離婚歴があることから、英国の王子の妻になる人物として好ましいとは言えない。

キャサリン妃との違い

キャサリン妃は結婚前、ウィリアム王子と目立たぬよう交際。英国の未来の女王となる女性に相応しい態度で王室に嫁いだ。一方でメーガンは女優として活動してきたほか、3年間ファッション・ライフスタイル関係のブログを展開。婚約成立を機に女優業引退を明かしているが、今までずいぶん目立つ立場にあった。

だがどのような経歴や背景があれ、しっかり者で公務にもやる気満々、しかも以前からチャリティ活動に熱心だったメーガンであれば、そつなく大事な仕事もこなしていけることだろう。なお2人の挙式は2018年5月。場所はウィンザー城のセント・ジョージ・チャペルに決定したという。

画像は『Kensington Palace 2017年12月2日付Instagram「Prince Harry and Ms. Meghan Markle then visited the Nottingham Contemporary Exhibition Centre for an event to mark #WorldAidsDay hosted by @THTorguk.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス