最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

病気かもしれないという強い不安感…病気不安症とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分は何か悪い病気にかかっているのではないか……病気かもしれないという強い不安感が消えないまま長期化し、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

症状はないのに「悪い病気かもしれない」という強い不安感

何か特定の病気が気になることは、意外と多くの方に当てはまることかもしれません。

たとえば、著名人の病気の報道を見たとき、自分の身近な人にも以前その病気になったことがあったりすると、「自分は大丈夫だろうか……?」と不安になることはあるでしょう。こうした不安がふと生まれても、通常であれば自分にその病気の徴候や症状が出ていない限り、すぐに忘れてしまうものです。

しかし場合によってはそういった病気に関する不安や懸念がいつまでも頭につきまとい、いてもたってもいられないほどの不安感に囚われ続けてしまうこともあります。

ここでは「病気不安症」について、詳しく解説します。

病気不安症とは……「心気症」の新しい診断名の1つ

病気不安症は米国精神医学会が発行する、国際的な診断マニュアルの最新版DSM-Vに新しい診断名として加わったものです。

「心気症」とそれに関連するいくつかの病態がこの新しい版では2つに再編成され、そのうちの一方がこの「病気不安症」で、もう一方は慢性的な疼痛など何らかの身体症状をはっきり伴うタイプの「身体症状症」です。

心気症は「hypochondriasis」という病名の日本語名ですが、この「hypochondriasis」と言う言葉は「季肋部痛(きろくぶつう)=みぞおちのあたりの痛み」を指すギリシア語に由来しています。古代ギリシアの医聖ヒポクラテス(紀元前460年ごろ~紀元前370年ごろ)の時代からこの病気は認識されていました。

この病気の患者さんの多くが肋骨の下の辺りに違和感を訴えて、自分は何か悪い病気にかかったのではないかと心配したことが、この病気の語源です。

病気不安症は、自分は何か悪い病気になったのではないか……という不安が日常生活に支障が出るほど強まった状態です。

これは心気症の特徴的な問題でもありますが、病気不安症の特徴として、心気症の語源でもある季肋部痛のような、悪く解釈してしまうような身体症状に悩まされていないこと、あるいはたとえ何かしらの症状があったとしても不安のレベルに全く相応しないことが挙げられます。

病気不安症の発症原因は? 心理的要因が関わっている可能性も

病気不安症の原因自体は不明ですが、病気への不安が通常のレベルを超えて高まっていく背景には、「その病気になることが、本人には何を意味しているか」といった、心理的な要素も少なからず影響している可能性が考えられます。

たとえばですが、実際に病気になってしまった場合、周りはその人をいたわり、言動も優しく気遣いのあるものになるでしょう。もしこの周りからの反応を内心欲していた場合、その病気になりたいという願望を自覚なく持ってしまうことがあるかもしれません。この種の「疾病利得」は病気不安症の発症要因の1つとして指摘されています。

また、病気になることに何かの罰だという考えが頭に浮かんでくる方も、なかにはいらっしゃるものです。

元々そのような思考があった場合、罰を受けるような何かをしたという罪悪感を持っていた場合(かなり不合理性を伴うものではありますが)、自分は罰を受けるべきだ、あるいは自分を罰したいといった心理があらわれ、それがある特定の病気になる予感や不安を生み出す可能性も、病気不安症を発症する際の心理的要因のとして挙げられています。

このように病気不安症の原因は一つには限定できず、様々なのです。

病気不安症の治し方・克服法……病院受診・検査では解決困難

病気かもしれないという不安から解放されるためには、通常であれば「その病気でないことが証明されること」が一番の近道でしょう。

実際に、病気不安症を抱え、病院受診と検査を繰り返される方は少なくありません。一方で、病院受診を全く希望されない方もいらっしゃいます。受診を避ける背景としては、病院で本当にその病気であると診断されることが怖くて仕方がない場合もあれば、不安の真偽が分かってしまうことを避けたいという想いがある場合もあるかもしれません。

また、現在は多くの人が日常的にインターネットを使用しますから病気に対する不安が過度に強まれば、その病気に関するウェブサイトの閲覧に、過剰に時間を割き、日常生活に支障をきたしてしまう可能性もあります。

こうした問題に対処していくためにも、病気不安症は基本的に精神科的な対処、治療を受けることが望ましいのです。

病気不安症の正しい治療法は、精神科での社会精神療法が基本

病気不安症は、病気への強い不安、それに関連する精神症状、そして日常生活に現われている問題に対処していく必要があります。病気不安症であることが明らかな場合、精神科的な治療を受けることが望ましいです。

ただ、ここで難しい点があります。病気不安症の方は、自分の抱えている不安が精神科的なものだということをなかなか受け入れにくいということです。ご本人にとっては、病気の不安をなくすために最も必要なことは、検査を受けて病気の心配がないと明らかになることでしょう。

しかし病気不安症になってしまうと、検査で身体に問題がないことが示されても、不安から解放されるのは一時的で、しばらくするとまた不安が戻って検査を受け……ということを繰り返してしまいます。何度検査を受けても、根本的な解決にはなかなかなりません。

そのため事態を好転させるためには、まずこの問題が精神科領域の問題であることに本人がはっきり気付く必要があります。

病気不安症の治療に関しては、認知行動療法など社会精神療法が基本的な治療手段になります。必要に応じて治療薬も使用されます。

具体的な治療内容は個々人の病状に応じたものになりますが、一般的な治療法の一例を挙げると、認知行動療法として、ある特定の病気に対する不安を増幅させるような思考や行動の問題に本人に気付いてもらい、それにいかに対処していくかといったことに重点を置きます。

こうした社会精神療法は1対1のセッションで行う場合もあれば、類似の病態の患者さんが構成するグループセッションで行う場合もあります。

以上、病気不安症を詳しく解説しました。

この疾患は「ある特定の病気に対する不安が極端に強まってしまうもの」ですが、程度の差を除けば、誰にでも病気の不安を感じることはあるものです。

もしそのような気持ちがわいた場合は、それが身体の不調を反映するのではなく、実は心の不調を反映している可能性があることにも、どうかお気をつけください。
(文:中嶋 泰憲)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス