最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

リオ五輪・銀メダリスト飯塚翔太「陸王」でドラマ初出演「楽しんだ」 竹内涼真の走りを絶賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダルメンバーの飯塚翔太(26)と、福島千里(29)の日本選手権100メートル8連覇を阻んだ美人ランナー市川華菜(26)がTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の撮影現場を訪問。10日放送の第8話にエキストラ役で出演することが分かった。

 池井戸潤氏の同名小説を原作に、経営危機にある創業100年以上の老舗足袋業者・こはぜ屋が会社存続を懸け、ランニングシューズ“陸王”の開発に挑む企業再生ストーリー。サッカー経験者の竹内涼真(24)、日大で02年に箱根駅伝9区を完走した和田正人(38)、芸能界屈指の運動能力を持つ佐野岳(25)らがランナー役を務めている。

 映像で竹内の走りを見た飯塚は「バネがあって一歩一歩弾むような走りをしていましたね」と驚いた様子。現役トップアスリートの目から見ても、実際のランナーと遜色が無かったようで「(走る姿に)違和感なしです」と太鼓判を押し「足を運ぶラインが綺麗に見えたので、見ている方からしても美しい姿でした」と絶賛した。

 また、市川とともに第8話のダイワ食品陸上部のランナー茂木裕人(竹内)が必死に走る姿を宮沢紘一(役所広司)が見つめるシーンに急きょエキストラとして出演。撮影を終え「(ドラマの撮影現場を訪れるのは)初めての経験でした。出演ももちろん初めてです。楽しんでやらせていただけました」とドラマ初出演に笑顔を見せた。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス