最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【漢字トリビア】「与」の成り立ち物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「漢字」、一文字一文字には、先人たちのどんな想いが込められているのか。時空を超えて、その成り立ちを探るTOKYO FMの「感じて、漢字の世界」。今回の漢字は「与える」の「与」。十二月は「賞与」の季節でもあります。



「与」という字の古い字体(「與」)は、「興味」の「興」という字に似ています。
真ん中の「同」という字を「与」に換えると古い字体になります。
「与」という字は、象牙二本を組み合わせた形といわれ、そのほかの部分は、すべて人の手を並べた形を表しています。
つまり「与」という字は、象牙のような貴重なものを、多くの手で捧げ持って運ぶ様子を意味する漢字。
共同で運ぶことから「ともにする」「なかま」という意味や、運んで他へと移すので「あたえる」という意味をもつようになりました。
「関与する」という使い方の場合は、「あずかる・かかわる」という意味にもなります。

生まれてきた子どもは、祖先の霊を宿してこの世にやってきた貴重な存在。
そうした考えのもと、古代中国の人々は、小さないのちを守りぬくため、成長の節目ごとに手をかけて儀式を行いました。
すでに祖先の霊が入り込んだ肉体に、悪い霊が入る隙がないことを示すため、赤子の額に×(バツ)のしるしを描く。
祖先の霊に依りついてもらうための産着を着せて、赤子を抱き上げる。
ある一定の日数を生き延び、養育のめどがたったことを報告するため、氏族の霊を祀る場所で赤子を高く抱き上げ、祖先に見せる。
差し伸べられるたくさんの手によって、新たないのちはすこやかに育ち、やがて氏族の一員として、苦楽をともにしながら生きていくようになるのです。

ではここで、もう一度「与」という字を感じてみてください。

「人間の価値とはその人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。」
現代物理学の父、アルベルト・アインシュタインが残した言葉です。
たとえばこの世にあなたが生まれた日。
産着やおむつ、たくさんのお乳や言葉を与えられ、神さまからの預かりものとして大切に育てられ始めます。
綿菓子のような肌、乾いたひなたのにおい、けたけた響く笑い声。
赤ん坊のあなたはただ与えられているだけでなく、周囲の人々に、多くのよろこびを与えるようになるのです。
私たちが心を動かされるのは、お金に換えられないものばかり。
勇気、希望、励まし、許し。
それは経験や経済力の有る無しにかかわらず、誰もが誰かに、惜しみなく与えることができるものなのです。

漢字は、三千年以上前の人々からのメッセージ。
その想いを受けとって、感じてみたら……、
ほら、今日一日が違って見えるはず。

*参考文献
『常用字解 第二版』(白川静/著 平凡社)
『神さまがくれた漢字たち』(山本史也/著 白川静/監修 理論社)

12月9日(土)の放送では「度」に込められた物語を紹介します。お楽しみに。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年12月10日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:感じて、漢字の世界
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時 :TOKYO FMは毎週土曜7:20~7:30(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
パーソナリティ:山根基世
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/kanji/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス