最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

どんな子どもも100%ウケる『えがないえほん』笑い以外の意外な効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夜、子どもが眠る前に、絵本の読み聞かせをしているご家庭は多いと思います。

子どもは絵本を読んでもらうのが大好き。絵本は世界への扉の役割を果たしてくれますし、それに絵本を読んでいる時は、パパもママも怒らないからです。

本来ならば、親にとってもゆったりした時間になるはずですが、実は読み聞かせが苦手な親もいますよね。

恥ずかしかったり、うまく読もうと気負いすぎたり、また、つい面倒だなと思ってしまう人もいるかもしれません。

でも! 読み聞かせの時間は、子どもが大きくなったら消えていく、かけがえのない時間なのです。アプリ任せにせず、どうせ読むなら、いやいや読むのではなく、親も子どもも思い切り楽しみたいではないですか。

■子どもが絶対笑う本って?

就学前の4歳から6歳の子どもは、語彙もかなり増えて、しっかりし始めますから、本のセレクトにも迷うところ。

もし、自分の発する一言一句に、子どもがドッカンドッカン、ウケてくれたら、どうでしょうか。

しかも、ただその絵本を読むだけで。

今回ご紹介する絵本には、「どんな子どもも絶対笑う」というふれこみがついています。

この絵本は少し変わった絵本です。子ども用の本なのに、絵がないのです!

変わっているのは絵がないことだけではありません。

冒頭にこうあります。

「この ほんには えが ありません」

次にこんなことが書いてあります。

「えが ない えほんなんて おもしろくないよね」

このあたりから、子どもたちは、どうやらこの本はふつうの本ではなさそうだぞ、と気づき始め、クスクス笑いがもれてきます。

その期待を裏切らず、お次のページは、

「きっと タイクツで つまらないよね?」

さらに次のページでは、この絵本のきまりが発表されます。

「この本に書かれている言葉を必ず口にしなくてはならない」というのが、そのきまりです。

やれやれ、どんなことを言わされるのだろう? と不安になる気持ちを抑えて、ページをめくってみましょう!

■いったいなにがおもしろいのか?

この本を翻訳した大友剛さんは、これまで20回ほど保育園児などを対象にこの『えがないえほん』の読み聞かせをしてきて、ウケなかったことは一回もなかったそうです。連戦連勝ってすごいですよね。

大友さんの読み方がおもしろかったのでしょうか?

大友さんのもとには、大げさに読んでも、平坦に読んでも、効果はそれほど変わらないといった感想が寄せられているそうですから、読み方には関係がなさそうです。

たいしたテクニックも必要なく、ただ文字を声に出して読むだけで、子どもからこんな反応があったら、嬉しくない親っていないと思います。

ただし、そのためには、こんなことも? あんなことまで? なにこれ意味がわからない! というようなことまで、口にしなくてはなりません。

普段は自分たちにあれやれこれやれとうるさく言う大人が、意味不明な変なことばかり言うのが、子どもたちにはおもしろくてたまらないのです。

まず音がおもしろいようですね。

子どもによっては、真似してみたり、文字に対する興味も生まれるでしょう。

集団で聞いてもらえば、さらにおもしろさも増しそうですね。

この絵本を読む上での注意事項としては、「この絵本を読み聞かせするときは地べたに座ってもらうこと」だそう。なぜなら、「笑いすぎて椅子から転げ落ちる子が続出する」からですって!

親としても、これだけの反応を返してくれれば、読み聞かせの苦手意識さえも吹っ飛んでしまうかもしれません。

■笑い以外にもこんな効果が

ある会場では、こんなことが起こったそうです。

「ある保育園で読み聞かせをしたときに、あまり表情を変えない女の子が大笑いしているのを見て、保育士さんがびっくりしたと言っていました」

また、親子げんかをした後に子どもに読みきかせをしたら、仲直りができた、というメッセージを読者から受け取ったこともあるとか。

寝る前に読むと、盛り上がり過ぎて眠れなくなってしまうのでは、と一瞬心配になったのですが、大友さんの答えは素敵でした。

「夜でも余裕がある日には何回か読んであげて親子で大笑いしてから眠りにつくのもいいと思います。寝る前の笑いは質のいい睡眠をもたらすという研究結果もありますからね」

外遊びが減り、ゲームやスマホが赤ちゃんの頃から身近にある今の子どもたちにとって、身体を使って何かを楽しむことは貴重な時間です。それに加えて笑いを他者と共有する体験のできるこの絵本、ただのナンセンス絵本ではないとみました。

最後に、この絵本読むことで笑う以外になにか得られることがあるか、大友さんに聞いたところ、

「普段言わないようなことを口にするという“タブー”を少しだけ破ってみることで、大人と子どものあいだの信頼関係を築くことに役立つかもしれないと思います。それはこの絵本が単なる下品な言葉の羅列ではなく、根底に子どもへのリスペクトがしっかりとあるからなのです」

子どもとの距離が一気に縮まりそうなこの絵本、ぜひ実際に手にとってみてくださいね。

【取材協力】大友剛さん

ミュージシャン&マジシャン。

自由の森学園卒業後、アメリカ・ネバダ州立大学で音楽と教育を学ぶ。帰国後、北海道のフリースクールのスタッフとして不登校、引きこもりの若者と触れ合うかたわら、札幌の音楽事務所で作編曲、演奏、CM制作を手掛ける。

2005年よりフリー。音楽とマジックという異色の組み合わせで国内外で活動。又、おおたか静流、中川ひろたか、長谷川義史、室井滋との共演も多い。その他、ピアノ伴奏、マジックの教材制作、講習会、研修会にも力を入れている。

2010年、株式会社Music&Magicを設立。

2011春、NHK教育「すくすく子育て」にマジシャンとして準レギュラー出演。NHK教育「みんなのうた」で2010年2月に放送された『天の川』にピアノで参加。同作品が2011年ニューヨーク映画祭で銅賞を受賞するなど、海外でも高い評価を受けている。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス