最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

あの簡単アレンジを応用! 大人かわいい「クラシカルくるりんぱ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


髪の結び目を指で広げ、その隙間に毛束を入れてくるんと巻いて、簡単にかわいくなれる「くるりんぱ」。フォーマルな場へおでかけするときは、応用アレンジ「クラシカルくるりんぱ」で“きちんと感”を表現してみませんか? 人気インスタグラマー田中亜希子さんの著書『akiico HAIR ARRANGE BOOK』(宝島社)から、くわしい手順をご紹介。写真も参考にしながら、さっそく試してみて!

1.上部の髪を取り、1段目のくるりんぱをする

右手に細めのヘアゴムをかけておき、こめかみともみあげ付近に後れ毛を少量残して、上部の髪をサイドから分け取ります。

左右の毛束を2回転ほどねじり、ぼんのくぼ(※)あたりに持ってきます。そこに束ねた状態で、結ぶ前にトップの髪をたゆませます。

※ぼんのくぼ……首のうしろ中央のくぼんだところ

ヘアゴムで毛先をしっかりめに結び、くるりんぱします。その後、毛先を引っ張り固定。

2.2段目のくるりんぱをする

下方の髪を2つにわけ、毛束をねじって毛先を短めのヘアゴムで結びます。上のくるりんぱにかぶせる部分になるので、穴を開けておきます。

上のくるりんぱの部分を巻き込むようにして、下方の髪をくるりんぱして入れ込みます。必要に応じてアメピンを使ってもOK。

3.ニュアンスを加える

トップに高さを出し、ふんわりとしたシルエットをメイク。適宜左手で結び目をおさえながら、空気を含ませるように少しずつ毛束を引き出します。

耳うしろあたりをたゆませて、耳まわりのニュアンスを出します。サイドは耳半分よりも少し多めにかぶせると、よりやわらかい雰囲気に。

細めのヘアアイロンで、前髪の中間から毛先を巻きます。顔まわりに沿わせながら、毛先が後方に流れていくようなイメージでニュアンスを出して。

きちんと感を出しながらも、女性らしさも忘れずに

全体を散らさずにまとめることで、シックな佇まいに仕上がる「クラシカルくるりんぱ」。ナチュラルな普段着を格上げするのにもぴったりです。ゆるっとした耳まわりの髪から、大きめのピアスやイヤリングをのぞかせるのもかわいい。フォーマルな場でも女性らしさを忘れない、大人女子にこそ試してほしいヘアアレンジです。

『akiico HAIR ARRANGE BOOK』

著者:田中亜希子(インスタグラム @akiico)

発行:宝島社

(マイナビウーマン編集部)

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス