最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「流行りのボードゲームバーに行く勇気がない…」という人にドイツ系ボードゲームをひとりで遊べるスマホアプリ2選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


◆ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

日本では“ゲーム”というとテレビゲームを指すことが多いですが、海外、特にヨーロッパではアナログのボードゲームやカードゲームが盛んです。なかでもドイツはボードゲーム大国といわれ、毎年7月頃になるとボードゲーム界を代表する権威ある賞「ドイツ年間ゲーム大賞」が大きな注目を集めます。

軽くお酒でも飲みながら、気の合う仲間とテーブルを囲んでのボードゲームプレイはなんとも言えない贅沢な時間の過ごし方。日本でも最近、ボードゲームバーやボードゲームカフェが増えつつあり、ドイツ系のボードゲームに目覚める人も増えているそうです。

というわけで今回はスマホ/タブレットで遊べるドイツ系のボードゲーム2本を紹介します。価格も数百円ほどと手頃で、面倒くさいコマ・カードの出し入れや点数計算も自動。1台のスマホで友達と遊べるのはもちろん、「遊ぶ相手がいない……」という人にもAIが相手をしてくれるので大丈夫です。

『アグリコラ: 牧場の動物たち』

iOS、Android/DIGIDICED/499円

『アグリコラ』は、ドイツの有名ゲームデザイナー、ウヴェ・ローゼンベルクがデザインし、2008年にドイツのゲームファンが投票するボードゲームの賞「ドイツゲーム賞」にも選ばれた農場経営ゲーム。世界大会も行われるほどの人気ゲームです。

純粋な『アグリコラ』は5人まで遊べて、やれることも多くプレイ時間が長いのですが、それを2人用にアレンジして簡易化したのが『アグリコラ:牧場の動物たち』。本作はそのアプリ版になります。プレイヤーは農夫となって任された農場で羊、ブタ、馬、牛を飼って増やしていきます。

ゲームは全8ラウンド。各ラウンドでは、交互に農場で働く3人の労働者に指示を出していきます。牧場を広げるための資材となる石や木材を入手するか、それとも市場へ行って家畜を仕入れるか……。バランス良く4種の動物を集めるか、それともどれかを集中的に増やすか……。

家畜が2匹以上いると各ラウンドが終わったあとに繁殖し、1匹増えるのがゲームの肝。手持ち資材、牧場の余裕頭数、家畜の数、これらを把握して作戦を練りましょう。少しわかりにくいですが、日本語でのチュートリアルもついています。牧場というテーマなのでほのぼのしていて親子で遊ぶのにもいいかもしれません。

『Kingdom Builder』

iOS、Android/Queen Digitals/360円

『Kingdom Builder』は、爆発的にヒットした『ドミニオン』のゲームデザイナー、ドナルド・X・ヴァッカリーノの作品で、2012年に「ドイツ年間ゲーム大賞」に選ばれた陣取り系ゲームです。最大4人まで遊べます。

ルールは比較的簡単で、六角形のマス目上に手持ち40個の家のコマを1ターンに3個ずつ置いていくだけ。基本はこれだけです。ただし、自由に置けるわけではなく、ターンごとに引いたカードに描かれる砂漠、花畑、草原……といった地形限定。さらに置いた家に必ず隣接させなければならないという決まりがあります。

この制限のなかで各プレイヤーが順番に家を置いていき、誰かが置き切ったらその周回でゲーム終了。得点計算に移ります。この得点を得る方法が『Kingdom Builder』のもっとも面白いところ。ゲーム開始時に10枚あるカードから3枚が選ばれ、そこに記されたルールが適用されます。たとえば「鉱夫:山岳マスに隣接した家1軒につき1点」「貴族:各区画ごとにもっとも多く家を置いたプレイヤーに12点」「商人:マップ上の施設同士を家でつなげると1ヵ所ごとに4点」といった具合。どの3枚でゲームが始まるかによって、まったく戦略が変わってきます。

アプリ自体は日本語には対応していませんが、アナログゲームとしては日本でも比較的遊ばれているほうなのでネット上でのルール説明やリプレイも見つかります。スマホ版は得点計算がラクなのがいいですね。

【卯月鮎】

ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス