最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ダイハツ、軽乗用車「ウェイク」 軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良! スマアシⅢ採用で安全性能を向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツ工業は、軽乗用車「ウェイク」および軽商用車「ハイゼット キャディー」を一部改良し、11月30日から全国一斉に発売した。

「ウェイク」は2014年11月に発売し、見晴らしの良さや軽最大の室内空間を実現したパッケージングに加え、キャンプやサーフィンなどのプロフェッショナルに参画いただき開発した、レジャーに最適な仕様や装備が特長で、レジャー志向のユーザーを中心に好評を博している。

「ハイゼット キャディー」は、女性やシニアの就業率の増加といった社会変化を捉え、「人の働きやすさ」にこだわった新ジャンル軽商用車として2016年6月に発売し、FFレイアウトによる高い静粛性と使い勝手や低燃費が特長のモデルだ。

今回の一部改良では、両モデルに共通して、車両だけでなく歩行者も認識し作動する衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載に加え、リヤコーナーセンサーを採用(ともに“SAⅢ”グレード)。さらに「ウェイク」には、4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用(ウェイクのD、D“SAⅢ”を除く全てのグレードに、「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」をメーカーオプション設定)し、安全性能を向上させた。また、「ハイゼット キャディー」については、価格を見直し、よりお求めやすい設定とした。

■■一部改良の概要■<両モデル共通>・衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載。搭載車は政府が交通事故対策の一環として普及啓発している「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当・リヤコーナーセンサーを採用

■<ウェイクのみ>・「パノラマモニター」を採用・一部メーカーオプション等の変更

■<ハイゼット キャディーのみ>・グレードおよび価格設定の見直し・ブライトシルバーメタリックを標準色化・車速感応式間欠フロントワイパー、セキュリティアラームを全車標準装備・一部メーカーオプション等の変更

スマートアシストの積極的な普及促進を目指すことで、より多くのユーザーに安全・安心を提供していくダイハツ。安全にこだわる人にとって、ウェイク、ハイゼット キャディーへのスマートアシストⅢ搭載は、また一つ選択肢が増えたことを意味する。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス