最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

付き合ってデート3回目までに見極めろ!「見切り恋愛」のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きな彼と晴れて彼氏彼女の関係になると、とっても嬉しいですよね。けれど、「付き合う前まではとっても優しかったのに付き合ってから態度が変わった」や「“こんな人じゃなかった”というところが見えてきた」なんてのはよくある話。そこで今回は、付き合ってデート3回目までに見極めたい、「見切り恋愛」について紹介します。

デートを3回目までに「違和感」を感じたら別れるべし。


「彼と付き合えたッ!」

そこがふたりの恋の「スタートライン」ですよね。

しかし、10代のころは「好き!」という気持ちだけで突っ走る恋愛ができますが、『Menjoy!』世代になると、少なからず将来を見据えつつ、「好き」は大前提であるものの、それ以外の要素も含めて彼と恋愛する必要が出てきます。

だけどあれ?

「付き合ってから、付き合う前にまったく想像していなかった彼のイヤなところが見えてきた!」ということはよくあるもの。

そんなとき、あなたはすぐに見切りをつけますか?

それともダラダラと付き合い続けますか?

『Menjoy!』世代にとって、先の見えない恋愛にダラダラと時間をかけるのはとっても無駄なのです。

タイムが出ないレースは棄権!「先のない恋愛」を排除する「見切り恋愛」のススメ


先の見えない恋愛に時間をかけることは、まるで、自己ベストが出ないとわかっているフルマラソンに参加しているようなもの。



付き合うまでのLINEのやりとりなどの少ない「ウォーミングアップ」を経て、あまり彼のことを知らないまま、付き合い始めの「スタートライン」に立ち、長い長いフルマラソンを走り続ける……。辛いですね。

走り始めたら最後、途中棄権するのにも勇気がいる……。

今まで走り続けてきたぶん、もったいないし……。

それならば、LINEのやりとりなどの「ウォーミングアップ」を経て、付き合う「スタートライン」に立つ直前の点呼時に、「体調やコンディションの確認、最後の靴の微調整」などを入念に行いましょう。

風の強さなど、スタートラインまで行ってやっとわかる”感覚”もあります。

スタートラインに立つ前に“違和感”を感じたら、「あ~、なんだか今日は風が強くてタイムが出なさそうだからやめとこう」と、最初から棄権することができますよね。

そうすることで無駄に時間を費やすことがなくなるのです。

点呼など「スタートライン」まで行くことを含めた「ウォーミングアップ」が「付き合ってデート3回目」までと考えてみてください。

そう、それが「見切り恋愛」なのです。

今回は、彼と付き合って“違和感”を感じたら、情けが入る前に別れる「見切り恋愛」をご紹介。

デート3回目までって、お互いにまだ探り探りの状態。

下記、チェックポイントで彼の違和感を感じたら「見切り恋愛」のサインかも。

付き合ってデート3回目までは「ウォーミングアップ!」

(1)体調不良は心配する?


あなたが仮に3回目までのデートで体調不良になったら、彼はどのような対応を取りますか? 彼の対応は「本当にあなたのことを心配している」ことが伝わりますか?

(2)デート中の店員に対する態度は大丈夫?


デート中、店員さんやそのほか、あなた以外の人に対して横暴な態度を取ったりしませんか?

また、車の運転中に歩行者や運転手にすぐにイラっとしたりしませんか?

(3)デートの開始時間は遅くない?


デートの開始時間が遅く、いつもあなたの家に来るだけなど、「ヤリ目」感はありませんか? あなたの好きなところやあなたの行きたいところに連れてってくれますか?

(4)変な性癖ない?


あなたが彼のことを「好き」だから、我慢できているイヤな性癖はありませんか?

それをずっと我慢できますか?

(5)友人や家族、個人情報を教えてくれる?


デート3回目までに彼の友人や家族、また家や勤め先の話などを彼から教えてくれますか?

自分の話はしないくせに、あなたの話ばかり聞きたがりませんか?

どうでしたか?

今回は付き合ってデート3回目までに「見切り」を付けたほうがいい恋愛の5つの特徴をご紹介しました。

時間は有限。

「ウォーミングアップ」に時間をかけて、将来の見えない恋愛は棄権しましょうね。

外部リンク(Menjoy!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス