最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

まるでお店の味! おもてなしで振る舞いたい「ごちそうパスタ」5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パーティーメニューの前菜やメインディッシュをイタリアンで統一したら、〆にはやはりパスタを準備したいところ。今回はおもてなしで振る舞いたいごちそうパスタ5選を紹介します。ちょっぴり贅沢な具材を使って、ゲストの印象に残るおしゃれなパスタに仕上げましょう。

■ 【おろし玉ねぎソースのステーキパスタ】(705Kcal、塩分4.1g)

<材料・2人分>

牛ステーキ用肉 1枚(約200g)、下味(塩、粗びき黒こしょう 各少々)、クレソン 1束、スパゲッティ 160g、ソース(おろしにんにく 1/2~1片分、玉ねぎのすりおろし 1/4個分、しょうゆ、酒 各大さじ2、砂糖、酢 各小さじ2)、塩、サラダ油

<作り方>

1. 牛肉は室温にもどして筋切りし、下味をふる。

2. スパゲッティは塩適量を入れた熱湯で、袋の表示どおりにゆで始める。

3. フライパンに油大さじ1/2をよく熱し、1を入れて焼く。こんがりと焼き色がついたら上下を返し、約1分焼いて取り出す。

4. 続けてソースを入れる。煮立ったら弱火にし、1~2分煮て火を止め、半量はボウルなどにとりおく。

5. ゆで上がったスパゲッティの湯をきり、4のフライパンに入れてソースをからめ、器に盛る。3を1.5cm厚さのそぎ切りにしてのせ、とりおいたソースをかけ、クレソンを添える。

牛ステーキ肉の筋切りは、赤身と脂身の間にある半透明の部分に何カ所か切り目を入れればOK。肉の形がくずれず、食感もやわらかくなります。香味野菜たっぷりのソースをかけ、ほどよくゆでたパスタと一緒に召し上がれ。

■ 【ペスカトーラ】

魚介5種類を使った複雑なうまみを味わえます。フレッシュなミニトマトのほのかな酸みがさわやか。

■ 【ボンゴレビアンコ】

あさりを蒸し焼きにするときは、白ワインではなく水で。香りやおいしさをシンプルに生かせます。

■ 【ステーキナポリタン】

大好きなメニュー2つを組み合わせた夢のようなパスタ。牛ステーキ肉はくるりと巻いて立て、脂身のある面から焼きましょう。

■ 【えびとカレークリームスパゲッティ】

コクのあるカレークリームとえびのだしがマッチします。皿に盛りつけたら好みでイタリアンパセリを飾って。

パスタは出来立てが命。時間が経つにつれ麺がのびて風味を損なってしまいます。絶妙なタイミングで提供できるよう、頭の中で作る手順をシミュレーションしておくといいかも。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/129194/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス