最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

石崎ひゅーい、ワンマンツアー『鬼退治』がスタート「歌はゴールがない闘い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石崎ひゅーいの、フルバンドでのワンマンツアー『石崎ひゅーいTOUR2017「鬼退治」』が12月2日(土)の大阪BIGCAT公演を皮切りにスタートした。石崎ひゅーいのアレンジャーでもあり音楽プロデューサーのトオミヨウがキーボード兼バンドマスターを務め、ギター秋山浩徳、ドラム原治武、ベース隅倉弘至、と石崎本人曰く”最強の布陣”がステージ上に集い幕を開けた。
石崎ひゅーい
石崎ひゅーい

最新アルバム「アタラズモトオカラズ」より「さよなら、東京メリーゴーランド」からライブはスタート。「夜間飛行」「花瓶の花」、デビュー曲「第三惑星交響曲」から最新のアルバム楽曲まで組み入れたある種石崎ひゅーいのクロニクル的内容を披露。
石崎ひゅーい
石崎ひゅーい

MCでは「2017年は挑戦の年でした。いろんなスタイルでのライブをやったり、つきつめていくことができた。その分寂しさと怖さも成長していく。歌にはゴールがない闘い。来年ももっと修行をしていきます。たくさん皆さんに会える場所を作っていくのでこれからもよろしくお願いします。」と、今年1年間を過ごして音楽的な成長を遂げたことや、その分来年ももっと切磋琢磨していく誓いをファンに伝え、大きな拍手で温かい空気に包まれた。重厚で力強いステージ、魂の叫びと優しい歌声。心を揺さぶる全身全霊のパフォーマンスでファンたちを魅了した。
石崎ひゅーい
石崎ひゅーい
■石崎ひゅーい コメント
今年は、自分にとって初めてとなるアコギ1本での弾き語りワンマンツアー‘きびだんご’を全国15か所を回って約1時間半アコギと歌だけで表現することの難しさと孤独を実感しました。
ライブをすればする程に身についていく表現の大きさと自由になっていく楽しさを感じました。けど、その分すごく寂しくなって怖くなることを知りました。
それは歌にはゴールがないということ。僕にとって‘歌う’ということは、きっと何かとの‘闘い’なんだと思います。それが、‘鬼退治’なんだと。
このツアーでは、みんなの心の中にあるであろう‘鬼’に僕の歌と一緒に立ち向かっていければ幸いです。

ライブ情報
石崎ひゅーいTOUR2017「鬼退治」
2017年12月2日(土)大阪府 BIGCAT 公演終了
2017年12月3日(日)愛知県 SPADE BOX 開場17:00/開演17:30
2017年12月23日(土・祝)東京都 Zepp DiverCity TOKYO 開場17:00/開演18:00
※全自由 4500円(税込・整理番号付・1ドリンク別)
6歳以上チケット必要 5歳以下入場不可
《各プレイガイドにてチケット発売中》

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス